北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  末広地区の港湾施設整…
末広地区の港湾施設整備工事本格化18年度末完成目指す【函館】
函館新聞 - 2017/11/10 11:04
完成後の末広地区の港湾施設のイメージ
 老朽化が進む函館市末広地区の港湾施設の整備工事が本格的に始まった。函館市は来年度末までに岸壁を改修し、遊歩道などを新設する計画。金森赤レンガ倉庫などが並ぶ人気の観光地を快適に散策できる環境を整え、ベイエリアのさらなる魅力度向上を目指す。

 事業地は「函館西波止場」の店舗裏周辺から東浜桟橋(旧桟橋)の手前までの岸壁約220メートル。周囲約4000平方メートルにはベンチや照明を置いて遊歩道を整備し、植栽で緑地化を図る予定で、緑豊かで美しい街並みを実現する「ガーデンシティ函館」構想にも組み込まれている。

 昨年、測量や設計が完了したことを受け、市は本年度、事業費として3億2950万円を充てて今秋から岸壁の改修工事に着手。現在は海底の掘削や護岸工事を進めている。

 かつてのフェリー乗り場の面影が残る同地区の岸壁は、1993年の南西沖地震で被害を受けて以降、一部が立ち入り禁止になるなど老朽化が進行。2005年度に策定した函館港港湾計画に盛り込まれるなど、早くから整備の対象エリアとなっていた。

 工事の完了は来年度末を予定。海岸近くには階段状のウッドデッキを設置し、市民や観光客が海を眺めながら休憩できるようにする。市港湾空港部港湾課は「ベイエリアの魅力を高め、大勢の人がベイエリアで快適な時間を過ごせるようにしたい」としている。
[函館新聞]-最近の話題
ドライブレコーダー売り上げ大幅増【函館】(2017/11/20)
土産品5点商品化 雇用推進協が成果【函館】(2017/11/20)
宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】(2017/11/19)
山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】(2017/11/19)
AI技術をまちづくりに 未来大などが講演・交流会【函館】(2017/11/18)
椴法華の大龍寺が珍しい「座禅堂」新設【函館】(2017/11/18)
鹿部の高田水産 プティシリーズ第3弾「ホタテ」【鹿部】(2017/11/17)
イカ不漁でアンケート 加工企業7割が価格転嫁【函館】(2017/11/17)
函館米穀、地元産コメの海外輸出強化へ【函館】(2017/11/16)
函館市初JR車両を使用した避難訓練【函館】(2017/11/16)
歩道に大きくはみ出た野バラの枝を撮影する参加者
↑最近の写真
特集・道の駅
「オクラホマ」の河野さん

技能者表彰と記念講話

しばれ、一気に 芽室-15.7度【十勝】

国友君(豊成小2年)文科大臣賞 紙飛行機選手権【帯広】

千年の森に土木学会賞 デザイン賞最優秀【清水】

まちの不具合をレポート、新アプリで機能性確認【室蘭】

熊舞の伝統芸能バトンつなぐ、登別中で初の引き継ぎ式【登別】

常盤保育所内に“ほかほかルーム”開設【室蘭】

伊達高等養護学校で学校祭、即売会や体験が人気【伊達】

MTB専用コースのオープニングイベント【登別】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(113)

室蘭民報(970)

名寄新聞(47)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(82)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)