北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  縄文繁栄と現代漁業を…
縄文繁栄と現代漁業を考察 ドイツの考古学研究者来函【函館】
函館新聞 - 2017/09/22 10:39
垣ノ島遺跡を視察するタラソフ氏(左から2人目)やワグナー氏(同3人目)らドイツ人研究者
 縄文時代について関心を持つドイツの考古学研究者3人が21日、来函した。道南歴史文化振興財団(境勝則代表理事)との交流事業で、縄文文化を支えた自然環境や漁業文化について、主に南茅部地区で知見を広げる。初日は史跡垣ノ島遺跡などを視察した。

 研究者は、ドイツ考古学研究所ユーラシア部副部長兼中国支部長のマイケ・ワグナー氏、ベルリン自由大学教授のパベル・タラソフ氏と考古助手のモア・ハルグレン氏。同財団の前身組織の函館市埋蔵文化財事業団が2008年に同研究所と学術交流の協定を締結しており、ワグナー氏とタラソフ氏は来函経験がある。北海道と北東北3県の縄文遺跡群の世界遺産登録に向けた機運醸成につなげるため今回の事業を計画した。

 市縄文文化交流センターでは、展示中の国宝土偶5体の複製や縄文時代の漁業関連の出土品に関心を示した。垣ノ島遺跡では市教委文化財課の福田裕二主査らが国内最大級の盛り土遺構の形成過程を説明。福田主査は「『盛り土』の底部では5千年前、上部では4千年前の土器が出土した。土器の形式や文化が変わるほどの時間だが、『盛り土』は1000年以上つくり続けていた」などと話した。

 22日以降は南茅部地区で漁業関連の聞き取り調査などを実施し、その後は胆振管内白老町や道東方面に向かう。ワグナー氏らは「縄文、オホーツク文化、アイヌの時代の漁業の様子や生活を比較し、人々がどのように交流し、古い知識や技術が現代にどうつながっているのかを明らかにしたい」と話していた。

 また、通訳は道教育大学函館校の学生、大学院生が担当。高橋亮輔さん(22)と長澤萌さん(27)は「考古関連の専門用語の英訳が難しいが、(ワグナー氏らは)『興味深い』と何度も言っている。海外の研究者と接する貴重な機会で、頑張りたい」と話していた。
[函館新聞]-最近の話題
地熱の潜在能力探る/市民会館でシンポジウム【函館】(2017/10/18)
函病が上行大動脈瘤のステントグラフ治療に成功【函館】(2017/10/18)
道新幹線9月利用23%減、開業年の反動続く【函館】(2017/10/17)
旧相馬邸11月「江差屏風」解説イベント18日募集開始【函館】(2017/10/17)
色づく湖畔2306人快走 大沼グレートラン・ウォーク【七飯】(2017/10/16)
運転士気分を満喫 路面電車運転体験会【函館】(2017/10/16)
キッズプラザ1周年イベント 多彩な企画に親子ら笑顔【函館】(2017/10/15)
未来大が屋号展示ブース開設 市立博物館【函館】(2017/10/15)
「ウラナミシジミ」道南で多数確認【函館】(2017/10/14)
アザラシ被害防止策、定置網を改良【函館】(2017/10/14)
神聖な神々への儀式カムイノミを見守る出席者
↑最近の写真
特集・道の駅
「カムイノミ」で安全祈願/阿寒湖温泉【釧路】

伊達高生が関内小児童の声援受け強歩に挑む【伊達】

宿泊客を守れ、温泉街のホテル火災想定し放水訓練【登別】

JCHO登別病院が20年4月の開院めざす【登別】

人材育成に決意新た、高等技専で2年制開校記念シンポ【室蘭】

空手修武會の樋口が全道優勝、世界大会出場へ【室蘭】

シニア60が全道サッカーV、シニア50と来年全国へ【室蘭】

生涯学習センターの愛称に応募の高本君に感謝状【室蘭】

真実見抜く難しさ実感、3RCが窃盗事件の模擬裁判【室蘭】

白鳥台北公園のクリとドングリの木が根元密着し共に成長【室蘭】

市民文化祭の特別支援学級作品展で工夫の150点【登別】

室蘭民報社とモルエ中島共催の新聞コンクール始まる【室蘭】

迫力サウンド聴きに来て、大谷高吹奏楽部が15日に定演【室蘭】

14日に朗読会と夢輝のあさんの特別ライブ開催【室蘭】

室蘭地方新聞コンクールがモルエ中島で17日から展示【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

十勝からの情報(10月8日ごろ)

釧路、根室の情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(124)

室蘭民報(930)

名寄新聞(73)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(183)

苫小牧民報(123)

釧路新聞(88)

十勝毎日新聞(303)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)