北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  晴天の下、にぎやかに…
晴天の下、にぎやかに・ふうれん白樺まつり【名寄】
名寄新聞 - 2017/06/19 14:56
軽快な阿波踊りで来場者を楽しませた高円寺阿波おどり選抜連
 第38回「ふうれん白樺まつり」が18日に望湖台自然公園で開かれた。深緑に包まれたシラカバ林を会場に、高円寺阿波おどり選抜連や風舞連による軽快な阿波踊りが披露された他、DABオールスターズのバンド演奏、餅まきなど多彩なアトラクションが行われ、多くの市民でにぎわった。

 ふうれん白樺まつりは、同公園を活用した観光イベントで、市や上川北部森林組合などで構成する同まつり実行委員会(委員長・多嶋範宣風連まちづくり観光理事長)の主催。旧風連町時代の昭和55年から続く初夏の恒例イベントで、風連地区三大まつりの一つとして親しまれている。

 名寄太鼓保存会「源響」による力強い演奏や、「カフラオケアラ北海道名寄教室」によるハワイアンフラダンスの優雅な踊りで開幕。会場には東京都杉並区代表団と東京商工会議所杉並支部の訪問団が来場し、田中良杉並区長、北明範杉並区議会副議長、和田新也東京商工会議所杉並支部会長を紹介。引き続き、杉並区の高円寺阿波おどり選抜連(15連)30人をはじめ、地元の阿波踊り愛好会「風舞連」のメンバーも加わっての阿波踊り。太鼓、鐘、笛の小気味よいリズムがシラカバ林に響き渡る中、踊り手たちは軽快な阿波踊りを披露し、来場者から惜しみない拍手が送られていた。

 開幕から時間を追うごとに会場には大勢の市民が集い、焼肉に舌鼓を打ちながらアトラクションを楽しむなど、休日のひとときを家族や仲間と一緒にのんびりと過ごす姿が見られた。
[名寄新聞]-最近の話題
サロンドトンヌ展入選・墨絵詩書家の小林さん【美深・名寄】(2017/06/24)
宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】(2017/06/24)
SUBARU・約30億円かけ試験場改修【美深】(2017/06/21)
外国人へ町の魅力発信・3カ国語案内紙を札幌で配置【下川】(2017/06/20)
SUBARUと町が森林保全活動促進へ協定【美深】(2017/06/20)
ひげ手入れ用オイル発売・「フブの森」【下川】(2017/06/20)
7月30日にてっし名寄まつり【名寄】(2017/06/20)
キッズ起業家あきない塾が開塾【名寄】(2017/06/19)
道内から162人出場・市民ボッチャ交流大会【名寄】(2017/06/19)
北海道で聴く村上春樹・草原朗読会【美深】(2017/06/19)
指導員13人45作品が展示されている「筆翔展」
↑最近の写真
特集・道の駅
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集

指導員13人の作品

6年連続の黒字を計上

十勝の味あります 空港マルシェ【帯広】

6月30日に廃止 パーク&トレイン南側駐車場【帯広】

巨大ホルン復活 忠類・シーニックカフェ【幕別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(812)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(204)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)