北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  室蘭市町連が若年世帯…
室蘭市町連が若年世帯の加入促進へ知恵絞る【室蘭】
室蘭民報 - 2017/04/21 11:23
町内会活動の活性化や加入促進に向け、意見を出し合う役員ら
 少子高齢化や人口減で、地域の要となる町内会の活動停滞が言われる中、室蘭市町内会連合会(沼田俊治会長、125町内会・自治会)は、加入促進と活性化に向け知恵を絞っている。役員らがグループ討議で課題を抽出する作業に着手。昨年、宅建協会と結んだ協定を基にしたアパート入居世帯への加入促進の取り組みのほか、若年世帯への理解促進に向け、地域事情に応じた取り組みを検討している。

 「近隣の町内会と協力し、行事に積極的に取り組む。事業や行事が活発化すれば参加意欲が高まるのではないか」。2月に輪西町の市民会館であった役員研修会で日の出町2丁目第一町会の橋本正敏会長は、町内会活性化へこう提言した。

 研修会には51町内会から約80人が出席し、8班に分かれて「加入促進」「活性化」の二つをテーマに現状を整理した。共通課題としては、役員の高齢化により「加入促進活動をしても効果が出ない」との悩みが出た。また、大学生が多い水元町や転勤族が居住する中島町などでアパートやマンション入居世帯の加入がうまく進んでいない現状が報告された。

 参加した海岸町レインボー町会の高橋国男副会長は「グループ制の導入などユニークな話が聞けた。町会活動に気軽に参加しやすい雰囲気と環境づくりが大事と改めて感じた」と振り返った。

 市町連によると、町内会への加入率は1988年度(昭和63年度)の94・5%以降毎年下降しているという。2016年度(平成28年度)にはピーク比で28・2ポイント低下した。

 市内の単位町内会・自治会では、運営する担い手不足が深刻化し、組織の弱体化、形骸化が進んでいるところもある。そこで市町連は、昨年、宅建協会、行政と加入促進協定を結ぶなど、新たな取り組みを進めている。

 独自に実態調査(アンケート)を実施する町内会や、30~40代の男性らに祭りを手伝ってもらうことで活動に理解を深めてもらう地道な取り組みを進める地域もあるなど、試行錯誤が続いている。

 森川卓也常任理事は「各町内会ではごみステーションの在り方を検討したり、イベントを練ったりと、『顔の見える』町内会づくりに知恵を絞っている。今後も少しでも未加入者に活動を理解してもらえる取り組みを進めたい」と話している。
[室蘭民報]-最近の話題
伊達緑丘高伝統の「強歩」が5年ぶりに復活【伊達】(2017/06/24)
大滝区「三階滝」が深緑の季節、映える清流【伊達】(2017/06/24)
アイヌ協会が民族衣装作りへ、生地の提供呼び掛け【登別】(2017/06/24)
7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】(2017/06/24)
市立室蘭水族館がペンギンひなの名前募集へ【室蘭】(2017/06/24)
八丁平小3年生が業務艇乗船し室蘭港を見学【室蘭】(2017/06/24)
雄たけび赤フン行列、室工大「明徳祭」が開幕【室蘭】(2017/06/24)
マンドリン心地よく…「母恋」で演奏会【室蘭】(2017/06/24)
海星学院高5人が東北のボランティア活動に参加【室蘭】(2017/06/24)
海中転落の男性救助で5人に感謝状贈呈【伊達】(2017/06/23)
土曜日に一般開放されている事務所兼工房
↑最近の写真
特集・道の駅
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集

指導員13人の作品

6年連続の黒字を計上

十勝の味あります 空港マルシェ【帯広】

6月30日に廃止 パーク&トレイン南側駐車場【帯広】

巨大ホルン復活 忠類・シーニックカフェ【幕別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(812)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(204)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)