北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  福司酒造が酒蔵一般開…
福司酒造が酒蔵一般開放【釧路】
釧路新聞 - 2017/04/17 09:45
開始と同時に多くの来場者でにぎわった一般開放
 釧路の地酒「福司酒造」(釧路市住吉2、梁瀬之弘社長)は、16日午前10時から年に一度の酒蔵一般開放を行った。

 今回は例年の開催日より1カ月ずらし、同日のみ購入できる人気の「たれ口酒」を一人10本までとするなど、より多くの客に福司を楽しんでもらえるようにした。

 この日は振る舞い酒や特製の甘酒に長い行列ができ、来場者は酒蔵の雰囲気を味わいながらお酒を堪能した。福司定番商品からヨーグルトの酒「みなニコリ」、季節限定の「花華」、オリジナルの手拭いやグラスなども販売。また、近年の甘酒ブームから「板粕」が例年以上の人気になったという。

 今回初めて訪れたという市内の栗林裕実さん(63)は「酒蔵を初めて見たのでとても感動した。購入したたれ口酒も楽しみ」と話していた。

 毎年多くの来場者でにぎわう同イベント。同社では専用駐車場が混み合い無断駐車する人もいるので、今後はルールを守って来場してほしいと呼び掛けている。
[釧路新聞]-最近の話題
秘湯「川北温泉」、今季もオープン【標津】(2017/06/24)
国際航空ネットワーク加盟社会議 道内初開催【中標津町】(2017/06/23)
イタリアの先住民族国際フェスで高評価/彫刻家 藤戸さん【釧路(2017/06/22)
釧路、根室の情報(2017/06/20)
シマフクロウ7年ぶりふ化で順調に成長/釧路市動物園(2017/06/20)
音楽祭でアイヌ文化発信【阿寒町】(2017/06/18)
厚岸湾産シマエビ初水揚げ(2017/06/17)
母校でサロンオーケストラコンサート/景雲中卒 白佐さん【釧路(2017/06/16)
サオマエコンブ漁ようやく解禁/釧路沿岸(2017/06/15)
阿寒摩周国立公園に、8月にも名称変更(2017/06/14)
指導員13人45作品が展示されている「筆翔展」
↑最近の写真
特集・道の駅
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集

指導員13人の作品

6年連続の黒字を計上

十勝の味あります 空港マルシェ【帯広】

6月30日に廃止 パーク&トレイン南側駐車場【帯広】

巨大ホルン復活 忠類・シーニックカフェ【幕別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(812)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(204)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)