北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  穂別の映画制作グルー…
穂別の映画制作グループ 平取町民大学第1回講座
日高報知新聞 - 2017/04/15 15:11
撮影の様子を話す伊藤さん(左)と中沢さん(右)
 本年度の「平取町民大学」の開校式と第1回講座が12日夜、平取町中央公民館で開かれた。

 町民大学は幅広い知識や技術の習得を目指し、18歳以上の町民と町内勤務者を対象に3年前から開設されたもので、今年の受講生は32人。毎月1回開かれる外部講師の講演などを聴講する。学長は川上満町長。

 学長の川上町長の式辞、千葉良則町議会副議長、遠藤寿則生涯学習委員会委員長の祝辞に続き、学生代表の小西正男さんが「晴れて大学生としてスタート。1年間、楽しく実りある学生生活を送ろうではありませんか」と決意を述べた。

 開校式のあと開かれた第1回目の講座では、むかわ町穂別のお年寄りらが主役の映画制作グループ「田んぼdeミュージカル委員会」委員長の伊藤忠彦さんと役場保健師で制作進行担当の中沢十四三(とよみ)さんが「わしらにも出来た映画づくり」の演題で講演。第5作となる“むかわ町”合併(鵡川町と穂別町)10周年記念作品「ここはわしらの天国だ」の完成ビデオが上映された。

 「ここはわしらの天国だ」は、昭和29年の台風による倒木の処理に追われる山の男たちを中心に、毎年の増水や氾濫に苦しむ鵡川、穂別両村の当時の盛衰を描いた映画。樺太から引き揚げてきた造材作業に従事する主人公「シン」がバイオリンを習得して歌手を目指すまでのストーリー。逆境にめげず、村のお年寄りたちが笑顔で歌い、踊り「ここで生きる」たくましさを表現した感動的なミュージカルドラマに仕上げている。

 元大工棟梁で工務店を営む伊藤さん(76)は、3代目委員長就任の昨年7月から昭和20~30年当時の作業員宿舎(飯場)、牧舎セットからバーのカウンターづくりまで一手に引き受けるいわゆる大道具係。役場ベテラン保健師の中沢さん(59)はスタッフや大勢の高齢出演者の健康チェックとスケジュール調整など制作進行を担当。

 「制作費は手弁当。出演者は65~80歳代の高齢者で全員素人ばかり。衣装は農家主婦チームが担当。音楽は穂別高校の先生と町のバンドが引き受けてくれた」と話しを切り出し、「俺たちに明日は無い(高齢で)」と明るくジョークを飛ばす高齢者たちとのエピソードの数々も紹介。

 心の豊かさを含め人生の価値観を問う同委員会の町づくりのあり方を示唆する意欲的な取り組みに、受講生は感銘していた。
[日高報知新聞]-最近の話題
指導員13人の作品(2017/06/24)
6年連続の黒字を計上(2017/06/24)
2人に功労者表彰伝達(2017/06/23)
ドローンの飛行操作(2017/06/23)
「アポイねぶた」中止(2017/06/23)
坂下氏が4選出馬表明(2017/06/23)
7年連続で全国大会へ(2017/06/21)
減収・減益も黒字決算(2017/06/21)
未利用の花壇を整備(2017/06/20)
砂川市の認知症支援(2017/06/20)
30日でサービスを終える「帯広駅パーク&トレイン南側駐車場」
↑最近の写真
特集・道の駅
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集

指導員13人の作品

6年連続の黒字を計上

十勝の味あります 空港マルシェ【帯広】

6月30日に廃止 パーク&トレイン南側駐車場【帯広】

巨大ホルン復活 忠類・シーニックカフェ【幕別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(812)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(204)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)