北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  建設予定地の動植物保…
建設予定地の動植物保全など
日高報知新聞 - 2017/03/14 18:01
第12回平取ダム環境調査検討委員
 室蘭開発建設部は10日、平取町のふれあいセンターびらとりで第12回平取ダム環境調査検討委員会を開いた。

 同委員会(委員長・渡辺義公中央大研究開発機構教授)は平成15年4月に発足し、学識経験者10人で構成。ダム建設予定地と周辺に生息する動植物や景観などへの環境保全対策について室蘭開発建設部長に提言を行なってきた。

 この日の委員会には委員7人が出席。議題は①第11回委員会の指摘と対応②事業進捗状況③現地調査結果報告④環境保全措置の4項目。

 このうち環境保全措置では①水環境(土砂による水の濁り)②動物(重要な鳥類〝ハヤブサ繁殖つがい”、重要な両生類“エゾサンショウウオ”)③植物(30種)④生態系(河川域生態系・移動性“サクラマス、ヤマメ”)⑤景観(主要及び身近な眺望景観4カ所)⑥地域と関わりがある多くの人が訪れる場所(スズラン群生地の快適性の変化)―の6項目について説明した。

 重要鳥類のハヤブサは、本つがい繁殖に成功した平成27年度に続き本年度も“馴化”の手法で対応。6月26日に第1幼鳥、同27日に第2幼鳥の巣立ちを確認している。

 また、平成27年度から工事中の切り換え河道となる幅5㍍、深さ6㍍、長さ50㍍の仮排水路内には魚の休息場となるコンクリート製の構造物「水制」が5個設置されている。昨年8~9月に堤体予定地下流でサクラマス10匹を採補し、超音波発信機を取り付け放流。うち2匹が仮排水路を使って移動したことが確認された。昨年8月の台風災害による影響はほとんど無く、「遡上の比率や上流部の産卵床の数にも変化が見られなかった」という。

 三宅洋室蘭開建沙流川ダム建設事業所長は「今後とも専門家の皆さんの助言を受けながら工事を進め、環境への配慮に万全を期したい」と述べた。
[日高報知新聞]-最近の話題
GⅠ記念し200万円寄付(2017/05/26)
寄贈レコード100万枚達成!(2017/05/26)
盗掘防止へ監視活動(2017/05/25)
今年もトドマツなど600本(2017/05/25)
米作り体験スタート(2017/05/24)
漁協女性部が「魚つき植樹」(2017/05/24)
男子は静内が優勝(2017/05/23)
旬のウニに約4千人の人出(2017/05/23)
多種多様な約800点(2017/05/22)
飛渡主将(静内)選手宣誓(2017/05/22)
開所式で笑顔を見せる村松社長(左)と松原取締役
↑最近の写真
特集・道の駅
石油コンビナート火災に対応 専門の消防部隊配備【苫小牧】

温泉チーズまろやか モールウォッシュ食べごろ【音更】

「ピングー」10周年 子育てママ 手話で交流【十勝】

運動会へGO 快適シート、オードブル人気【帯広】

町職員対象に有珠山の噴火災害に備え研修会【壮瞥】

サンクスがファミマへ転換、西胆振初のオープン【伊達】

IT企業「ハヤブサ」開所 AI技術水産加工業に【函館】

「カール」販売中止に惜しむ声【函館 北斗】

道教育大生が牧場で体験実習【釧路】

酪陽で2年目、1000本を植樹 環境保全会【根室】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

登別の推奨品を埼玉でPR、北海道物産展注目集める【登別】

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

根室新聞(113)

室蘭民報(784)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(169)

函館新聞(206)

苫小牧民報(218)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)