北海道ニュースリンクHOME  >  特集・道の駅  >  ウトナイ湖 【苫小牧…
ウトナイ湖 【苫小牧】
苫小牧民報 - 2009/10/14 08:57
 苫小牧市植苗のウトナイ湖畔に、道の駅・ウトナイ湖が2009年10月1日、オープンした。構想から9年がかりで実現を果たした苫小牧を新たな観光と交流の拠点。ラムサール条約の登録湿地、野鳥の聖域のウトナイ湖を望む国道36号に面した好立地条件は豊かな自然との共生がテーマであり、セールスポイントだ。

 苫小牧市が設置した。新千歳空港の24時間運用に対する地域振興策として、もともとは2000年度に計画された事業。さまざまな曲折を経て、道と苫小牧市の財源協議が2007年度に整い、道が6割、苫小牧が残りを負担する形で実現にこぎつけた。地元住民や企業、団体が出資した新会社が指定管理者になって施設を管理運営する。

 施設の核となるセンターハウスは1060平方メートル。地元肥育の植苗牛(和牛)や海産物を食材に使うレストラン、天然酵母のパン工房、日本野鳥の会のオリジナルグッズやハスカップの加工品をそろえたアンテナショップ、直売店、苫小牧の地域情報コーナーを備える。休憩スペースからはウトナイ湖が望め、遊歩道で湖畔の散歩を楽しめる。

 施設名はウトナイ交流センター。営業時間は午前9時~午後7時(3~10月)、冬季は午後5時。年末年始を除き無休だ。電話0144(58)4137。(苫小牧民報)



[苫小牧民報]-最近の話題
冬道を上手に歩くこつ学ぶ トヨタ北海道が講習会【苫小牧】(2017/11/23)
Tシャツとタオルマフラー製作 観光協会と王子がコラボ-苫小牧(2017/11/23)
苫小牧西港、夕方からチカ狙い時(2017/11/23)
ママ4人奮闘中、総菜店を開店 千歳市北栄の「北のマルシェ」(2017/11/22)
自衛隊体制強化求める 千歳の期成会 秋季中央要望(2017/11/21)
来年3月閉校、むかわ富内小 記念碑を建立(2017/11/21)
陸自第7師団と千歳市消防本部 化学テロ想定し共同訓練(2017/11/18)
新千歳国際線ビル拡張 富裕層向けホテルも(2017/11/18)
年内最終合宿始まる 女子IH日本代表候補【苫小牧】(2017/11/16)
イクラの「グラスツリー」 サケの赤ちゃん、きらきら輝く(2017/11/15)
市民らが旧三菱合資会社室蘭出張所などについて学んだ「むろらん100年歴史連続講演会」
↑最近の写真
特集・道の駅
飼育放棄の惨状を写真で、ネコ愛護団体が活動展【室蘭】

冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】

米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】

マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】

一足早くXマス、三星がケーキ試食価格販売会【苫小牧】

ふぉれすと鉱山フォーラムで環境保全を考える【登別】

旧三菱合資会社室蘭出張所の当時の様子を紹介【室蘭】

航空宇宙産業参入へ、室蘭の2社が技術力PRし手応え【室蘭】

個人訪日客をもっと胆振に、滞在・周遊6ルートを選定【胆振】

食べて知ろう岩手・宮古、観光物産館で販売【伊達】

迫力バチさばき、26日に太鼓演奏会「龍響祭」【伊達】

110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】

40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】

静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】

21日から日本製鋼所室蘭製作所所蔵作品展【室蘭】

苫小牧西港、夕方からチカ狙い時

十勝からの情報(11月19日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(42)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(181)

苫小牧民報(138)

釧路新聞(81)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)