北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

フェス内通貨で楽しんで 「ナチュラル輪」12月イベント【帯広】

 持続可能な未来を子どもたちに残していこうと活動している「ナチュラル輪おびひろ」(中山三香代表)が主催する「第2回理想のみらいフェス」が12月10日、帯広市内のとかちプラザで開かれる。マルシェや職業体験などが催され、より多くの子どもたちに楽しんでもらうため、お得なフェス内通貨を用意する。今月22日には一足早く、命をテーマにした映画上映会と講演会を開催する。

22日の映画上映会と講演会、12月のフェスの来場を呼び掛ける(左から)中山代表、渡辺さん、鈴木育未副代表

 フェスには飲食やクラフトなど約30店が出店。ナチュラル輪おびひろは「理想の給食エシカルカレー」を提供する。職業体験や「子ども店長」コーナーのほか、農作業を通して生きづらさを抱える人たちの社会参加を支える「ミナイカシ合同会社」の山内小百合さんら4人のパネリストによる「わくわく未来トーク」もある。

 フェス内通貨「みらい札」の発行は、子どもの貧困を地域の大人が支える取り組み。18歳以下の子どもが100円ガチャ(くじ)を回すと、2~4枚のみらい札が出てくる。みらい札は1枚100円の価値で会場内で利用できる。大人が会場で買い物をする金額の一部が、みらい札に寄付される。中山代表は「生まれた環境に関係なく、多くの子どもたちに来てもらいたい」と話す。

 22日には、ドキュメンタリー映画「うまれる」の上映会と、マミー助産院(上士幌)院長の渡辺雅美さんが「生きる土台を育む性教育」をテーマに講演する。午前の部(上映午前9時半~、講演同11時半~)と午後の部(上映午後1時半~、講演同3時半~)で、定員は各150人、託児あり(無料)。大人1500円(当日1800円)、高校生以下無料。申し込みはウェブサイトで。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス