北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラワンぶき狩り4年ぶり復活 来月25日【足寄】

 JAあしょろ(新津賀庸組合長)主催の「第26回ラワンぶき狩り」が6月25日、足寄町の鳥羽農場(鷲府56)で開かれる。コロナ禍で中止が続いたため、4年ぶりの開催となる。JAあしょろ農産部施設課山菜工場の戸崎守工場長は「北海道遺産に選ばれているラワンブキは、さわやかな香りとしゃきしゃきした食感が特徴。生のフキは天ぷらにすると特においしい。ぜひ収穫体験を楽しみ、味わってほしい」と呼び掛けている。

4年ぶりに復活する「ラワンぶき狩り」(写真は2019年6月の前回)

 人の身長よりも高い草丈2、3メートルの町特産ラワンブキの収穫を体験できる名物イベント。

 午前8時半~正午。雨天決行。道の駅あしょろ銀河ホール21から陸別方面に約4キロ走り、左折して約2キロが現地。随所に案内看板を設置し、職員を配置する予定。道の駅南側駐車場そばのJAあしょろ直売所「寄って美菜」(町北1)でも場所を案内する。

 現地で専用の袋(中4000円=約17キロ、大5000円=約23キロ)を購入し、自身で刈り取ったフキを詰める。同JAは「昨今の生産コスト上昇などで値段も上がっている。ご理解いただければ」とする。鎌や包丁は数に限りがあるので持参が望ましい。問い合わせは同JA農産部施設課(電話0156・25・5178)へ。

 また、同JAの「生ラワンぶき」の販売と地方発送は、同月7日から「寄って美菜」で開始する。問い合わせは同直売所(0156・28・0303)と、同JA山菜工場(0156・25・4444)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

2000個の明かり「ピラ・リ」照らす つなぐランタン【幕別】

 幕別町民が作るランタン2000個が並ぶ「2024 MAKUBETSU TSUNAGU LANTERN(幕別つなぐランタン)」が24日、町内の明野ケ丘公園などを会場に開かれた。優しい明かりが同町...

十勝毎日新聞

トレンドアイテム品定め 初の「かちコレ」開幕【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(十勝毎日新聞社主催)が24日、帯広市内のベルクラシック帯広(西2南35)で始まった。管内の衣料品店6店と美容品メーカーなど4店が春の...

室蘭民報

レゴで未来のまち作り ヌプで24..

「登別温泉大きく」 子どもたち楽しむ  登別港町の市観光交流センター・ヌプルで23日「出張ブリックラボ!ブロックで登別を作ろう」が開かれ、参加者がブロック玩具「レゴ」で未来の登別のまち並み作りに...

室蘭民報

ナイスバッティング! 住まいのウチイケ杯ティーボール大会【室蘭】

 バッティングティーの上に置いたボールを打つティーボールの大会「2023年度第6回住まいのウチイケ杯」が18日、室蘭市石川町のげんき館ペトトルであった。選手たちは、観客からの声援を受けながら、元...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス