北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ハザードマップで解説、津波について理解深める 市民防災講座、巨大地震発生に備え【伊達】

宇井名誉教授が津波について解説した市民講座

 日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震発生に備え、伊達市は25日、津波襲来予測区域の自治会や企業などを対象とした「伊達市市民防災講座」を市防災センター(松ヶ枝町)で開催した。環境防災総合政策研究機構の専務理事を務める、宇井忠英北大名誉教授を講師に迎え、津波について理解を深めた。

 演題は「新しく配布された津波ハザードマップ」。2022年に改定された市の津波ハザードマップを用い、改定理由や海溝型巨大地震・津波の発生理由などを解説した。自治会役員や学校関係者など38人が参加した。

 宇井名誉教授は、道東の太平洋沿岸で津波堆積物が見つかり、調査の結果、過去6500年の間で少なくとも18回海溝型地震が発生していると説明。「発生間隔は300~400年。最新の発生は約400年前のため、次の巨大地震はいつ起こっても不思議ではない」と強調した。

 胆振西部は、日本海溝と千島海溝、いずれの地震の場合も震度5弱程度が予想されている。直下型地震とは異なり、揺れが数分続くのが特徴という。また、地震に伴い海底地形が変化すると津波を誘発し、海岸に達した時の津波の速度は、時速約36キロになると解説。「人が走って逃げられる速度ではない」と事前避難の大切さを訴えた。

 このほか、避難の際の持ち出し品としてスマートフォン、財布・小銭入れ、クレジットカード、運転免許証、保険証(マイナンバーカード)、お薬手帳、自宅と車の鍵、おやつ、飲み水、防寒着などを挙げた。

関連記事

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサ...

日高報知新聞

二風谷小と道内3校 画像や映像のねらいは? オンラインでメディア・リテラ..

【平取】NHK札幌放送局主催の「つながる!NHKメディア・リテラシー教室」が2月22日、オンラインで行われ、二風谷小(遠山昌志校長)5年の貝澤心浩(みひろ)君と二ツ川陽菜さんが参加した。同放送局...

釧路新聞

じっくり観察 耳探し 動物園で3月3日でクイズ企画【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は3日、園内で恒例のひな祭り企画を実施し、3月3日の「耳の日」にちなんだクイズラリーなどで来場者を楽しませた。  「みみクイズラリー」は、園内4カ所で問題を出題。ペ...

釧路新聞

釧路ガス 高台に新工場建設 津波被災時の供給維持【釧路市】

 釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は、巨大地震・津波発生時にガス供給を継続できるよう、バックアップ施設として高台の市桜ケ岡に新工場を建設する。来年11月に稼働させる予定で、市内の主要病院に優先...

十勝毎日新聞

人形1万体 感謝し供養 音更神社【音更】

 ひな祭りに合わせて音更神社(佐々木敬宮司)で3日、古くなった人形などを供養する「お人形感謝祭」が執り行われた。  同神社は十勝管内で唯一、桃の節句に合わせて人形を供養しており、今年で32回目...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス