北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

洋上風力と漁業の共存共生について講演する渋谷代表取締役

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」

 室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関係者が、これまでの取り組みを講演やパネルディスカッションで発表した。来場者約500人は、室蘭の洋上風力拠点化や漁業との共存共生について考えた。

 基調講演には、MOPAの上村浩貴理事長、日本風力発電協会の加藤仁代表理事、渋谷潜水工業(神奈川県平塚市)の渋谷正信代表取締役が登壇した。

 渋谷代表取締役は、水中の工事・調査を行う潜水士の傍ら、海洋構造物の漁礁化や漁場藻場の調査・再生事業、千葉県などで海洋エネルギーと漁業との共生に取り組んできた。

 長崎県五島市の浮体式洋上風力発電実証事業にも携わり、風車の人工漁礁については「調査の結果、予想をはるかに超える成果があった」といい、風車付近で多くの魚が取れるようになったことを映像で示した。

 漁業者の信頼を得るために「一緒に調査に行き、漁礁の映像を見せるなど、絶えず見える化をして隠し事はしない」ことを心がけたという。風車の漁礁化とともに、漁業者の漁業へのモチベーションも向上し、「地域全体に活力を生むことになった」とした。

 洋上風力を設置するためには「漁業や地域が豊かになり、海の環境が良くなる仕組みが必要」とし、「エネルギーのためだけでなく、海面下も含めた総合的な漁業や地域との共存共生のデザインづくりが重要になる」と助言した。

 上村理事長は室蘭沖に洋上風力が必要な理由について、「発電事業拠点の開発・誘致に取り組まなければ、中長期的な洋上風力拠点化はあり得ない。漁業関係者に丁寧に説明しながら、勉強会の席についていただけるよう努力を積み重ねていきたい」と述べた。

 加藤代表理事は、洋上風力発電事業の案件形成の初期段階から政府や自治体が関与し、より迅速・効率的な調査を行う「セントラル方式」の2023年度対象区域に道内3区域が選定されたことを紹介。

 「北海道に対する洋上風力の注目度が一気に上がっている」とし、「室蘭は日本を支えた工業都市。その技術や知見を生かし、新しいエネルギーに取り組んでほしい」と期待していた。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス