北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ワインエキスパート中村さん道東初のエクセレンス獲得

 釧路市大楽毛で下宿業を営む中村充(みつる)さん(48)がワインをこよなく愛する人たちにとって憧れとされる日本ソムリエ協会(田崎真也会長)が主催するワインエキスパートのエクセレンスの資格を獲得した。全国で合格率25%の難関試験。道東地域では初の快挙。(伊東義晃)

 「ワインエキスパートエクセレンス」は、ホテルや飲食店などのサービス業で接客するソムリエたちとは違い、まさに“〝ワイン通〟が挑戦する試験。東京で開催される試験には、弁護士や医師、キャビンアテンダント(CA)の姿も目立つという。

 2016年にワインエキスパートとなった中村さんは、さらにその上を―と勉強を重ねた。5年の準備期間を経て、憧れの「エクセレンス」に挑戦するも、やむなく1次の筆記試験で不合格、苦杯をなめた。それからも830㌻、写真なしの教本で勉強を重ねて今回、再度挑戦。1次試験時は「会場には約100人の精鋭が参集していた」。この試験に合格して2次試験のために再び東京へ。「今度は30人に絞り込まれていた」という。

 中村さんは「教本で知識を得ることはもちろん大切ですが、独学では限界がある。いろいろな人たちから情報を得ながら勉強しなければ2次試験のテイスティングや品定めはできない。釧路のワイン通の人たちが開くワイン会に参加するようになって実力を付けることができました」と、ワインをこよなく愛する釧路の愛好者たちとのつながりに感謝する。

 「試験はワインの種類や産地を当てなければならないが、決して高い高級なワインではない。試験ではこの料理にはどのようなワインが適しているかを答えなければならない。中には日本酒の問題も。だからいろいろなワイン会やセミナーを受講したことが生かされてた」とも話す。

 資格を獲得し、今後について「下宿している釧路高専の学生さんたちにワインを飲ませるわけにはいかないので、これからもワイン会などに参加して交流を深めていきたい。すでに祝う会を催してくれたが、ワイン仲間と一緒に飲んだワインの味は本当においしかった」と笑顔を見せた。

関連記事

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...

室蘭民報

「登別温泉の肌」大好評 「食塩泉源泉」94%以上配合化粧水、ホテル・旅館な..

 国内有数の名湯・登別温泉の温泉水を使った化粧水「登別温泉の肌」が完成し、今月1日から登別温泉のホテル・旅館、土産物店などで販売している。登別温泉の「食塩泉源泉」を94%以上配合した商品。発売元...