北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

りくべつ鉄道 売り上げ過去最高 運転体験人気で好調維持【陸別】

 陸別町内で列車の運転や乗車が体験できる「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」の2022年度の売上高が、1800万円(前年度比140万円増)と過去最高になった。最高を更新するのは4年連続で、好調を維持している。鉄道ファンに人気がある運転体験コースの利用増のほか、新設した排雪モーターカー(ハイモ)の運転体験の利用が75万円に。利用者数もコロナ禍前までには回復していないものの、468人増の3725人となった。運営する陸別町商工会(石橋強会長)の杉本武勝事務局長は「お客さんが少しずつ戻ってきてくれているのと、新たな取り組みが予想以上の人気だった」と話している。

4年連続で売上高の過去最高記録を更新したふるさと銀河線りくべつ鉄道

 同鉄道は廃線となった旧ふるさと銀河線の気動車両を活用した乗車や運転のほか、1周400メートルのトロッコの体験メニューなどを提供。22年度の営業日数は、4月23日から10月31日までで、前年度より3日多い194日。利用者数は、乗車体験が1301人(前年比125人増)、トロッコ乗車体験は1532人(297人増)、ハイモの25人を含む運転体験は892人(56人増)で、合計は3725人(468人増)だった。

 運転体験のうち、本格的に楽しめるLコース(2万円)は、前年より51人多い202人で404万円(前年比102万円増)を売り上げた。新銀河コースは126人が体験し441万円(31万5000円増)。関東圏や愛知、大阪、福岡の運転愛好者のほか、「近場で気軽に過ごす」(杉本事務局長)とみられる札幌や帯広など、道内の利用客も増加した。ツアー団体客数も前年度より倍増し、回復の兆しがある。

 23年度は、開業15周年記念事業の開催も夏ごろに実施する方針。子ども向けの「イベント列車」や陸別町産食材の駅弁を楽しめる「駅弁列車」の1日運行を予定している。

 同鉄道は08年度から営業を始め、19年度にはNHK連続テレビ小説「なつぞら」のロケ地となった効果もあり、初年度を除いて最も多い6023人が利用した。新型コロナウイルスの影響で20年度は4055人、21年度は3162人と落ち込んだ。それでも、20年度に新銀河コース(構外2.8キロ、3万5000円)、21年度には国内最長の運転体験ができる「分線コース」(同5.7キロ、6万円)と高価格帯の運転体験コースを次々と開設。全国の愛好者やリピーターが訪れたこともあり、売上高の最高記録を更新し続けてきた。

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...