北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ジャガイモスイーツ専門店 21日オープン【帯広】

ポテトけんぴとポテトチーズケーキをPRする石川遵料飲課支配人

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャガイモでは珍しい」(同社)というポテトけんぴのほか、バスクチーズケーキなどをそろえ、アフターコロナの土産需要なども見込んでいる。

 店名は「Brand new Tokachi」。ポテトけんぴは「十勝産野菜で他にないスイーツを作りたいとゼロベースからレシピ開発した」と後藤社長。きたあかりを揚げて糖蜜と粉糖をまぶした。1袋40グラム入り380円。

 他にポテトけんぴチップス(同価格)や、ポテトけんぴに十勝産・製造の「とか密」を直接かけるタイプ(1袋40グラム、520円)、「インカのめざめ」のスイートポテトとの2層のポテトバスクチーズケーキ1個(300グラム、1200円)、あんバタクロワッサン(250円)など。

 店舗と併設した工房で製造。老朽化した立体駐車場の解体と新施設建設は昨夏に完了、商品開発を進めてきた。施設面積は約180平方メートルで、宅配弁当事業「けやき~欅」の調理場もレストラン部門から分離して併設。国のコロナ対策の事業再構築補助金に採択された。解体も含め事業費は約1億円。後藤社長は「観光シーズンに向け、新たな名産としてブランド化したい」と話す。営業時間は午前11時~午後5時、日曜は午後3時閉店。

関連記事

十勝毎日新聞

「星屑昆布」販路拡大へ 保志さん「十勝を代表する土産に」【広尾】

 広尾町の漁業保志弘一さん(37)は、地場産コンブを粉末にした加工食品「星屑昆布(ほしくずこんぶ)」の販路拡大に力を入れている。販売を開始して1年が経過、当初は瓶詰めタイプのみだったが、手軽に購入...

十勝毎日新聞

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「...

室蘭民報

山漬けの切り身食べて、室蘭産のサケ使用 2年ぶり、21日販売【室蘭】

焼いて良し、お茶漬けでも良し  室蘭漁業協同組合(室蘭市舟見町、室村吉信組合長)は、室蘭産秋サケを使った「山漬けの切り身」(税込み千円)を21日から販売する。同漁協の名物が手軽に楽しめると市民や...

室蘭民報

酸味、甘み豊か 壮瞥でスパークリングアップルジュース造り始まる【壮瞥】

「ふじ」「王林」など9種使用  そうべつシードル造り実行委員会(川南和彦実行委員長)は、スパークリングアップルジュース造りを18日から始めた。委託先のそうべつ農産加工センター(滝之町)では、約1...

十勝毎日新聞

人気グルメに駐車場満車 藤丸で最後の催事「おめざ感謝祭」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が19日、帯広市内の藤丸7階催し会場と地下1階食品売り場で始まった。藤丸最後の催事ということもあり、午前10時ご...