北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

酸味、甘み豊か 壮瞥でスパークリングアップルジュース造り始まる【壮瞥】

そうべつ農産加工センターで行われているリンゴの搾汁作業

「ふじ」「王林」など9種使用

 そうべつシードル造り実行委員会(川南和彦実行委員長)は、スパークリングアップルジュース造りを18日から始めた。委託先のそうべつ農産加工センター(滝之町)では、約1・8トンのリンゴを20日まで搾汁している。2月末には500ミリリットルの瓶入り約2千本が誕生する。

 リンゴの生産は町内の果樹農家に依頼。「ふじ」や「王林」、「陸奥」など9種類が寄せられた。

 同実行委によると、昨年7、8月に適度な雨が降ったことや9月以降の好天で実の肥大化が順調に進み、台風など強風による落下も少なかったため、品質良く仕上がった。

 同センターでは、スタッフがリンゴを半分や4分の1に切って、粉砕機に入れて細かくした後、機械で果汁を抽出。93度まで熱して殺菌した後、一斗缶に詰めた。

 果汁は青森県弘前市のタムラファームに送られ、ろ過と炭酸注入作業が行われる。

 価格は1本918円(税込み)。町内の道の駅そうべつ情報館i内の農産物直売所サムズなど6店舗で販売する。また、伊達市観光物産館をはじめ、洞爺湖周辺のホテル、土産物店でも取り扱う。

 同実行委は「豊かな酸味と甘み、香りが特長。品種を理想に近い割合で集められたので、バランスが取れて風味に優れたジュースになると期待している」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「星屑昆布」販路拡大へ 保志さん「十勝を代表する土産に」【広尾】

 広尾町の漁業保志弘一さん(37)は、地場産コンブを粉末にした加工食品「星屑昆布(ほしくずこんぶ)」の販路拡大に力を入れている。販売を開始して1年が経過、当初は瓶詰めタイプのみだったが、手軽に購入...

十勝毎日新聞

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「...

十勝毎日新聞

ジャガイモスイーツ専門店 21日オープン【帯広】

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャ...

室蘭民報

山漬けの切り身食べて、室蘭産のサケ使用 2年ぶり、21日販売【室蘭】

焼いて良し、お茶漬けでも良し  室蘭漁業協同組合(室蘭市舟見町、室村吉信組合長)は、室蘭産秋サケを使った「山漬けの切り身」(税込み千円)を21日から販売する。同漁協の名物が手軽に楽しめると市民や...

十勝毎日新聞

人気グルメに駐車場満車 藤丸で最後の催事「おめざ感謝祭」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が19日、帯広市内の藤丸7階催し会場と地下1階食品売り場で始まった。藤丸最後の催事ということもあり、午前10時ご...