北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

59工房 自慢の乳製品 ミルク&チーズフェア開幕 藤丸【帯広】

チーズを試食する来場者

 道産牛乳と乳製品を集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2023」が12日、藤丸7階催事場で始まった。十勝をはじめ全道各地の牛乳やチーズ、ヨーグルトなどが並び、目当ての品を求める客でにぎわっている。16日まで。

 牛乳や乳製品の消費拡大を目的に、北海道牛乳普及協会とホクレンが主催して35回目になる。十勝管内の17工房・社をはじめ59工房・社が出店。600点余りの商品が並んだ。コロナの感染対策をしながら、3年ぶりに試食やステージイベントも再開した。

 市内の会社員岩本幸輔さん(37)は「子どもが牛乳と乳製品をよく飲んで食べるので」と飲むヨーグルトを購入。毎年訪れている釧路市の会社員石澤美江さん(42)は「これだけの工房がそろい、生産者の顔も見られるので楽しみ。消費が落ち込んでいるので少しでも貢献できればいい」と話していた。

 開会セレモニーで同協会の西川寛稔会長(ホクレン副会長)は「令和の酪農危機という状況にある。牛乳・乳製品の魅力やおいしさを消費者に伝え、酪農への理解と消費拡大に協力をお願いしたい」とあいさつした。藤丸の閉店により同会場は最後になるが、来年以降も帯広での開催を検討している。

関連記事

十勝毎日新聞

「星屑昆布」販路拡大へ 保志さん「十勝を代表する土産に」【広尾】

 広尾町の漁業保志弘一さん(37)は、地場産コンブを粉末にした加工食品「星屑昆布(ほしくずこんぶ)」の販路拡大に力を入れている。販売を開始して1年が経過、当初は瓶詰めタイプのみだったが、手軽に購入...

十勝毎日新聞

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「...

十勝毎日新聞

ジャガイモスイーツ専門店 21日オープン【帯広】

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャ...

室蘭民報

山漬けの切り身食べて、室蘭産のサケ使用 2年ぶり、21日販売【室蘭】

焼いて良し、お茶漬けでも良し  室蘭漁業協同組合(室蘭市舟見町、室村吉信組合長)は、室蘭産秋サケを使った「山漬けの切り身」(税込み千円)を21日から販売する。同漁協の名物が手軽に楽しめると市民や...

室蘭民報

酸味、甘み豊か 壮瞥でスパークリングアップルジュース造り始まる【壮瞥】

「ふじ」「王林」など9種使用  そうべつシードル造り実行委員会(川南和彦実行委員長)は、スパークリングアップルジュース造りを18日から始めた。委託先のそうべつ農産加工センター(滝之町)では、約1...