北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「大麦配合パン」普及へ はるこまベーカリー【帯広】

 帯広市内のパン店はるこまベーカリー(西19南5、栗原民也社長)が、全国的にも珍しい大麦粉を配合したパンを作り、普及を目指し活動している。大麦は小麦に比べ健康に良いとされており、栗原社長は「パン屋にとって期待が大きい」と話している。

大麦粉を配合して作ったパンをPRする栗原社長

 栗原社長が大麦に着目したのは4~5年前。パンの主原料である小麦が、グルテンやGI値(食後血糖値の上昇を示す指標。高いと肥満につながりやすいとされる)の高さなどで敬遠された時期があった。「客に安心して日々パンを食べてもらいたい」と、その頃低GI、グルテンフリーとして流行したグラノーラに使われていた大麦に関心を持った。

 しかし、大麦は殻が硬く、製粉の粒度調整が難しいという欠点があり、「パンを作ってもパサパサし、ふっくらと仕上がらなかった」(栗原社長)と話す。

 昨年9月、札幌市の横山製粉が精度の高い製粉に成功。グルテンが含まれない大麦だけではパンを膨らませることができないため、小麦と配合し、3割を大麦粉で作った食パンを完成させた。栗原社長は「ふっくらとして、普通の食パンと同じような味が出せている」と自信を持つ。

 現在、横山製粉に大麦粉の製粉を続けてもらうため、知り合いのパン屋などに、レシピを配布し普及に努めている。大麦農家も増やすため、自身が仕入れている小麦農家にも声を掛けており、「パンに向いていると人気のキタノカオリは縞萎縮(しまいしゅく)病(ウイルス病)に弱いが、大麦と輪作すると、被害が軽減できるとの研究結果もある」とPRする。

14日食べ比べ無料イベント

 一般消費者にも大麦の魅力を知ってもらおうと、大麦粉の食パンと通常の食パンを食べ比べるイベントを14日午後2時から同店で行う。参加無料。申し込みは同店(0155・38・5311)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「星屑昆布」販路拡大へ 保志さん「十勝を代表する土産に」【広尾】

 広尾町の漁業保志弘一さん(37)は、地場産コンブを粉末にした加工食品「星屑昆布(ほしくずこんぶ)」の販路拡大に力を入れている。販売を開始して1年が経過、当初は瓶詰めタイプのみだったが、手軽に購入...

十勝毎日新聞

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「...

十勝毎日新聞

ジャガイモスイーツ専門店 21日オープン【帯広】

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャ...

室蘭民報

山漬けの切り身食べて、室蘭産のサケ使用 2年ぶり、21日販売【室蘭】

焼いて良し、お茶漬けでも良し  室蘭漁業協同組合(室蘭市舟見町、室村吉信組合長)は、室蘭産秋サケを使った「山漬けの切り身」(税込み千円)を21日から販売する。同漁協の名物が手軽に楽しめると市民や...

室蘭民報

酸味、甘み豊か 壮瞥でスパークリングアップルジュース造り始まる【壮瞥】

「ふじ」「王林」など9種使用  そうべつシードル造り実行委員会(川南和彦実行委員長)は、スパークリングアップルジュース造りを18日から始めた。委託先のそうべつ農産加工センター(滝之町)では、約1...