北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

不登校の子へ歌声届け 幕別清陵高の平井さん作詞作曲【帯広】

 幕別清陵高校1年で、軽音楽部に所属する平井結愛(ゆあ)さん(16)が、不登校の子どもたちへのエールを込めた「にじいろ」を作詞作曲し、17日に帯広市内で開かれた同部のライブでお披露目した。ライブには不登校児らを支援する団体「にじいろ」(帯広、澤柳美希子代表)の活動に参加する小中学生が招待された。

ライブで自作の「にじいろ」を披露した平井さん

「動画の音源に」支援団体が依頼
 きっかけは、同団体の「子供会」に参加する女子中学生が、活動のたびに制作している思い出動画に付ける良い音源が無いと澤柳代表に相談したこと。澤柳代表がメッセージ性のある音楽を付けられないかと考えていた矢先、新聞記事で同部を知り、曲の制作を打診。顧問の出崎圭介教諭が「オリジナル曲を作ることは生徒にとって良い経験になる」と快諾した。

心に響く歌を 歌詞手探り
 生徒たちに投げ掛けたところ、1年生の平井さんが手を挙げた。平井さんは札内中3年の頃にギターを始め、高校に入ってから本格的に歌手を目指すように。部ではボーカルとギターを担当し、ボイストレーニングにも通う。

 「にじいろ」は平井さんのギターによる弾き語り。作詞に当たり「子どもたちの心に響くフレーズを」と言葉を紡ぎ、当事者の子どもたちが嫌だと感じる表現がないか、本人たちの意見を聞きながら完成させた。作詞の経験はあったが、作曲は初めての挑戦で、「言葉をメロディーに乗せるのが難しかった」と振り返る。

 17日のライブは、コロナ禍のため、学校関係者のみに来場を制限したが、特別に「にじいろ」の子どもたちを招待。開演前に小中学生と澤柳代表ら保護者が平井さんに花束や色紙を渡して感謝を伝えた。動画を作成した女子中学生は「とてもすてきできれいな曲でうれしい」と喜んだ。

 澤柳代表は「子どもが元気になれば、と依頼したが、親にも染みわたる歌詞でお母さん方も喜んでいる」と感謝。平井さんは「人のために曲を作るのは初めてだったけど、こんなに喜んでもらえてうれしい。これからも続けていきたい」と笑顔で話した。

 「にじいろ」の音源は同団体に届けられ、動画のBGMや親の茶話会など会の活動で活用しているほか、関連団体にも紹介している。

【にじいろ】(1番)
どうして?
何度自分に問い掛けただろう
本当はもっと誰かと話したくて 笑い合いたくて
いくらもがいたって頭ではわかってるけど
体が心が 追いつかないんだよ
居場所がほしいよ…

雨上がりの空は 虹がかかってるよ
沢山泣いた後の空は
なないろに輝いてるよ

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス