北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

東京に「白老食堂」開店 観光大使のシェフ栗原さん 特産品を提供

白老町観光大使のシェフ栗原靖武さん(46)=千葉県在住=が、東京都港区西新橋に白老の特産品を使った料理を提供する「白老食堂」をオープンした。昼は定食、夜は居酒屋として料理を提供している。栗原さんは「都内のお客さまに白老へ興味を持ってもらえるきっかけになれば」と力を込める。

東京都港区で開業した「白老食堂」(栗原さん提供)

 白老食堂のオープンは10月31日。2人掛けのテーブル7台を備え、昼は白老の食材を使った日替わりランチ「白老定食」(1100円)などを販売。夜は定食以外に、虎杖浜産とアラスカ産のたらこ食べ比べ(770円)、希少珍味カジカいくら(660円)、白老産しいたけ焼き(550円)など旬の町産品を中心としたおつまみを提供している。

 店の内装は、恵庭市の宮大工村上智彦さん(44)が手掛け、新巻きザケの木箱を活用して仕上げた。西新橋はオフィス街とあって、昼夜とも多くの会社員らが来店。出張で東京を訪れた道内の会社員や観光客も「白老」の店名に引かれて訪れるといい、栗原さんは「想定していなかった客層も店に足を運んでくれ、連日盛況」と話す。

 栗原さんは、都内のパエリア専門店のオーナーシェフで、2014年に日本パエリア協会を設立し、事務局長を務める。15年に白老町大町の飲食店「グランマ」代表の林啓介さん(41)と知り合い、20年に町の商品開発事業の一環で「しらおいパエリア」を監修。21年以降、頻繁に来町し、ポロトミンタラフェスで大鍋を使った「しらおいパエリア」を無償で振る舞うなど、イベント盛り上げに一役買った。今年6月から町観光大使も務めている。

 栗原さんと親交が深い林さんは「地域との懸け橋として自分も応援していきたい。町民の皆さんも応援して」とPR。町産業経済課の担当者も「白老自慢の産品を使った料理の味を知ってもらい、今後の交流人口増のきっかけになれば」と期待を込める。

 午前10~11時はテークアウトのみ、午前11時~午後2時半はランチとテークアウト、午後5時半~10時はディナーを提供。土日曜日は定休。問い合わせは白老食堂 携帯電話080(9426)6917。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス