北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売されているが、今年はユーロに対する円安やブドウの収量減などが影響し、例年よりも割高となっている。

解禁日を迎えて店頭に並ぶ今年の「ボージョレ・ヌーボー」

 ボージョレ・ヌーボーは毎年11月の第3木曜日が解禁日と定められている。40年ほど前から扱う帯広市内のワインプラザカワイ(西18南3)では約80本を販売。昨年の3分の1ほどの量で、川合宏良社長(79)は「円安やロシアを回避する輸送費の高騰、天候不順による収量減などが価格に反映している。今年の仕入れ値は昨年の売値より高い」と影響を語る。

 種類は2000~4000円台の7種類とし、高価格帯の商品は入荷しなかった。川合社長は「年に一度の風物詩なので、フレッシュな口当たりを楽しんでほしい」と話していた。

 市内の百貨店・藤丸地下1階の「酒華蔵」では、3000~6000円台の6種類約100本を用意。輸入ワイン担当の鈴木志織さん(44)は「価格は昨年より1割ほど高いが、予約は例年並みでリピーターが多い」としている。

十勝ワインの新酒も 需要見込み発売前倒し

新酒赤が並ぶワイン城のショップ

 ボージョレ・ヌーボーの解禁に合わせ、「十勝ワイン 新酒赤」も同日から販売が始まった。価格が安定した国産ワインの需要を見込み、今年は新酒の発売時期を例年よりも約2週間早めた。

 十勝ワインは例年12月上旬に新酒「ヌーボ赤」を販売してきたが、今年はボージョレの価格高騰を受け、発売日を前倒しに。新酒の製造期間を短縮できるよう醸造過程を見直した。製造本数も昨年より1200本多い3600本に増やした。製造する池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は「ボージョレの価格高騰もあって、十勝ワインで新酒を注文する新規顧客も出ている」とする。

 町内のいけだワイン城で同日から新酒を並べているほか、道内スーパーや量販店などで販売している。新酒赤は1524円(720ミリリットル)。

関連記事

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

十勝毎日新聞

南商“甲子園”に手応え 勝負メニュー福原で限定販売【帯広】

 食品スーパー・福原(帯広市、福原郁治社長)の市内3店舗で5日限定で、27日に東京都内で開かれる「第11回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝で帯広南商業高校クッキング部が勝負するメニュー「わやう...

十勝毎日新聞

とかちマルシェ料理甲子園 優勝は福島 十勝勢2チーム入賞【帯広】

 全国の高校生による、十勝産食材を使ったオリジナル料理のコンテスト「とかちマルシェ料理甲子園」(とかちマルシェ運営協議会主催)が29日、帯広経済センタービルで行われ、福島県立あさか開成高校が初優...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス