北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商「うまいもん甲子園」決勝応援 福原 勝負メニュー商品化【帯広】

福原が再現した「わやうめぇ蝦夷にぎ²」を試食した、帯南商高の甲子園出場メンバー。左から下地真央さん、吉川綾乃さん、松木天俊さん

 食品スーパーマーケット・福原(帯広市、福原郁治社長)は、「第11回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝(11月27日、東京都)に臨む帯広南商業高クッキング部を応援するため、当日の勝負メニュー「わやうめぇ蝦夷にぎ2」を商品化し、来月5日に市内3店で数量限定販売する。一般投票による敗者復活戦で出場を決めた同部側は、「応援してくれた地域の人たちに実際味わってもらえる機会になる」と感謝している。

 同甲子園は地場食材を活用しSDGsを踏まえたメニュー開発が条件。帯南商は過去何度も決勝に進んだ実力を持つ。今年はネット投票による敗者復活で1位を獲得した。福原は地域貢献の一環で食材提供などを通じ同部を支援。2018年には弁当を共同開発し販売している。生徒側から広く食べてもらい地域へ感謝を伝えたいとの思いを聞き、販売を検討してきた。

 わやうめぇ-は「おにぎらず(握らないおにぎり)」。サケとば入り炊き込みご飯にナガイモと小豆のみそだれや枝豆タルタルソース、レバかつなどをはさんだ。両者によると、多少アレンジはあるが、ほぼ忠実に再現。SDGsの観点で通常より高いエコ原料のバガスパック包材を採用。価格は1個298円で、生徒が大会に向けて設定した価格。西帯広といっきゅう、西18条の3店で計600個限定で販売する。

決勝で提供するため、生徒たちが調理した「わやうめぇ蝦夷にぎ2」

 試食した顧問の松原明香教諭は「とてもおいしい仕上がり。生徒も喜んでいる」と笑顔。福原では「純粋に応援したい気持ちで企画。ぜひ悲願の優勝を」と期待する。

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス