北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アニマルグルメ大集合2022【帯広】

 帯広商工会議所(川田章博会頭)とおびひろ動物園(柚原和敏園長)との連携企画「動物モチーフメニュー」が、市内飲食店など20店(チェーン店は複数店展開)で11月3日までの期間限定で提供されている。今年2年目の企画で、動物の形やイメージの料理やスイーツなど多彩だ。このうち、新たに加わった7店を中心に全店メニューを紹介する。参加店やメニューの詳細は公式ウェブサイト参照。

笑顔と満腹を

■キリン柄オムライス ハンバーグとポークシチュー添え
▽ホテルグランテラス帯広(帯広市西1南11)

 

 8年ぶりに同園で赤ちゃんが誕生したキリンをモチーフにしたメニュー。キリン柄は、取り分けた溶き卵に中国しょうゆを垂らし色味をつけ、フライパンにまだらに落としてから通常の溶き卵を流し表現した。中身はブラックガーリックライス。

 野尻勝己料理長(45)は「調理に手間はかかるが、デミグラスハンバーグなどもあり、笑顔と満腹になる一皿」と力説する。テークアウトのみで数量限定。「より多くの人に食べてほしい」と、今月中旬から200円下げて600円とした。(電話)0155・27・0109。

チーズ載せて

■タイガーラーメン
▽どでから~めん(帯広市西12北7)

 

 どんぶりいっぱいに広がる卵にチーズと海苔でトラを表現した。奥さんが寅(とら)年生まれのため、動物はトラに決めたという。卵は3個使い、きれいな色を出すため弱火で焼く工夫も。塩ベースのスープにバターコーンを入れた。麺は、帯広で製麺し熟成させたものを使用。歯ごたえのある麺にスープがよく絡む。子どもに人気で、同企画のチラシを見て来店した観光客もいるという。

 今年、企画に初参加の代表吉川修さんは「考え抜いたメニュー。ぜひ食べてほしい」と話す。880円。(電話)0155・34・1317。

 ◇ ◇ ◇

■「ライオンくんのデザートプレート」(770円)
▽JUICY DISH 焼肉南大門(帯広市西3南19)

 

■「白くまちゃんムース」(ホワイトチョコとベリーのムース、1個430円、店頭販売のみ)
▽北海道ホテル(帯広市西7南19)

 

■ゴマフアザラシパン(150円、平日20個、土・日曜40個限定)
▽満寿屋商店・麦音(帯広市稲田町南8線西16)

 

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス