北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

JR室蘭本線130周年記念号の旅 追分駅でおもてなし 「キハ40」に鉄道ファン  安平

JR室蘭本線の開通130周年を記念して24日、昭和の時代に活躍した国鉄色気動車が旭川―室蘭駅間(237キロ)を往復する長距離列車のツアーイベントが行われた。安平町の追分駅では、歴史を刻んだ列車の雄姿を見ようと、鉄道ファンらが駆け付けたほか、町職員やあびら観光協会スタッフが乗客をおもてなしした。

JR追分駅にお目見えした「赤電車」と呼ばれる懐かしの車両

 乗客約80人を乗せた往路の列車は、午前8時すぎに旭川駅を出発し、同10時30分ごろ追分駅のホームに到着。古くから鉄道ファンにおなじみの全面赤色車両の「赤電車」と、赤とベージュのツートンカラー車両の2両編成が駅のホームにお目見えすると、法被を着た町職員や観光協会スタッフ、鉄道ファンらがお出迎え。約40分間の停車を利用してお菓子やポストカード、地酒を販売するブースを構えてもてなした。

 駅に降りた乗客は、駅舎や懐かしい車両を背景に記念撮影をするなどして思い思いに楽しんでいた。小樽市の高校2年の佐々木羽琉さん(16)は「この日に合わせて旭川の親戚の家に泊まって参加した。駅での(土産品)販売や古い車両、ヘッドマークなどレアなものばかりで楽しい」と話していた。復路の列車も午後6時40分から約50分停車した。

 イベントは、1892年8月に室蘭―岩見沢間が開通したことで、空知の炭鉱地帯から室蘭港までが鉄道で結ばれ、今年130年を迎えたことを記念して企画された。鉄道ファンにかつて人気を集めた「キハ40」を使用し、旭川から岩見沢、追分などの各駅を経由して室蘭駅までの片道237キロ、往復474キロを走破した。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス