北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

SL風キッチンバス登場 堀部産業「から揚げ」販売へ【幕別】

社長の名前(よしたか)から命名した「よっちゃん号」をPRする(左から)堀部社長、有美さん、山本さん

 堀部産業(幕別町忠類、堀部好隆社長)が、マイクロバスをSL機関車風に改装したユニークなキッチンバスを導入した。10月1日からテキサス本店(帯広市西20南2)前を拠点に営業を開始し、車内で調理した自慢の「から揚げ」などを販売する。

 堀部社長(55)は忠類地区生まれ。会社務めの後、家業の酪農を継ぎ、飼料加工販売なども手掛ける。事業拡大の一環で、十数年前から富良野の生産者から直接、山部メロンなどを仕入れて個別販売も開始、これらが軌道に乗り離農した。

 2021年に市内のテキサス南町店の敷地内の賃貸店舗でメロンやスイカなどの直売所「よっちゃん商店」を開設。同時にフード・ドリンク類の調理販売も始めた。順調に推移し、“2店舗目”として車での移動販売を計画。SL型の中古マイクロバスを購入し、キッチンや給排水設備、内外装など約600万円をかけて全面改修した。

 バスの名称は「よっちゃん号」で、妻有美さん(48)と山本亮平さん(33)の3人で対応する。十勝産鶏肉を使った「から揚げ」(700円)が商店時代からの看板商品。オム焼きそば(500円)やタピオカドリンク(400円)なども提供する。

 出店はテキサス本店前が基本。オープン記念で10月1、2日は全品20%引きで提供する。営業時間は午前9時~午後7時。よっちゃん商店はメロンなどが主体のため、23日から冬季休業に入った。堀部社長は「キッチンバスの調理営業は帯広では初だと思う。地域に元気を届けるため、イベントがあれば、積極的に出店したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

十勝毎日新聞

南商“甲子園”に手応え 勝負メニュー福原で限定販売【帯広】

 食品スーパー・福原(帯広市、福原郁治社長)の市内3店舗で5日限定で、27日に東京都内で開かれる「第11回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝で帯広南商業高校クッキング部が勝負するメニュー「わやう...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス