北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館市長選 工藤氏が4選出馬正式表明【函館】

4選を目指して出馬する意向を正式表明した工藤氏

 任期満了に伴う来春の函館市長選をめぐり、現職の工藤寿樹氏(72)は22日、市内のホテルで開かれた自身の後援会の会合で、4選を目指して無所属で立候補すると正式表明した。工藤氏は「新型コロナウイルスの影響で市民、事業者が大変な思いをした。函館を復活させるためには自分がやらないといけないと思った」と出馬の理由を述べた。前函館市保健福祉部長の大泉潤氏(56)も既に出馬に名乗りを上げており、市役所出身者同士の選挙戦となる。

 会合では室田晴康会長ら支援者を前に、工藤氏は「来年の市長選挙に出馬するので全面的に応援いただきたい」と伝えたという。

 会合後、取材に応じた工藤氏はコロナ禍では感染症対策や支援策の強化などは特に力を入れてやってきたと強調。また、自ら手腕を振るった行財政改革により、教育、福祉の拡充につなげたとした。一方でコロナの影響を受けて経済や観光が疲弊したことを挙げ、「自分で走り回って誘致することができない時期が続き残念だった」と振り返り、コロナが落ち着いたあとには積極的に誘致活動を行うことで経済の復活につなげる考えを示し、「コロナ前の水準まで戻していきたい。そして次の人にバトンタッチしたい」とした。

 また、市民から4選目を期待することが多く寄せられたことも出馬への大きな要因となったことを明かした。大間原発の差し止め訴訟やはこだてライナーの維持についても言及し、「今後がヤマ場になる。私自身がやることで実現性が高まる」とした。

 工藤氏は乙部町出身。早大卒業後、1973年に旧亀田市に採用され、函館市との合併後は財務部長、企画部長、助役・副市長を歴任。2011年の市長選に出馬し、現職の西尾正範氏を破って初当選。15年、19年は民間出身者を破って再選、3選目を果たした。

■大泉氏「準備進める」

 市長選には前函館市保健福祉部長で、俳優大泉洋さんの実兄の大泉潤氏が7月に出馬の意向を表明している。工藤氏の出馬表明を受けて大泉氏は「工藤市長には長年の指導に感謝している。工藤市長が4選出馬を正式表明されたことを受けて、私自身も支援してくれる関係者と相談しながら出馬への準備を進めていきたい」と話した。

 大泉氏陣営の関係者によると、10月上旬に予定されている後援会発足式の場で正式に出馬を表明する見通し。

関連記事

名寄新聞

漁師の祈り表現・名寄の山岸さん全日写連北海道写真展最高賞【名寄】

 日本海に浮かぶ鳥居を印象的に撮影した作品が、全日写連第19回北海道写真展で最高賞の金賞に選ばれた。市内のアマチュア写真家で医師の山岸真理(まこと)さん(70)=西1北5。写真仲間から盛んな祝福を...

苫小牧民報

2大アート満喫 白老の味覚と文化芸術ツアー

まちの文化資源を活用した着地型観光バスツアー「白老町の2大アートイベントをプロジェクトスタッフとじっくり巡る! 白老の味覚と文化芸術ツアー」が24日、白老町内で行われた。町外から参加した17人は、...

苫小牧民報

国松希根太さん個展 地形を表現 飛生アートコミュニティ 白老

白老町内にアトリエを構える彫刻家、国松希根太さん(45)の個展「地景を刻む」が、町竹浦520の飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)で開かれている。飛生での個展は2014年以来で、校舎全体を会場...

室蘭民報

白血病克服、163キロ完走 市内の豊年さん「家族、友人に恩返し」、北海道トラ..

 家族や友人に恩返ししたい-。室蘭市在住の豊年真士さん(26)が8月28日に洞爺湖町で開かれた北海道トライアスロンに初出場し見事、完走した。豊年さんは2020年に急性前骨髄球性白血病を発症し、半...

室蘭民報

撮りフェス、力作200点超 旧室蘭駅舎に展示【室蘭】

 24時間滞在型のフォトコンテスト・撮りフェスin室蘭2022(18、19日。実行委員会主催)で寄せられた200点超を紹介する作品展が26日、室蘭市海岸町の旧室蘭駅舎で始まった。構図にこだわった...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス