北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「復興の拠点」に 穂別博物館周辺エリア再整備へ新構想 図書館や温泉施設も むかわ町

むかわ町は、2025年度の完成を目指している穂別博物館の周辺エリア再整備について、新たな構想を打ち出した。胆振東部地震で被災した穂別地区のまちなか再生、にぎわい創出だけではなく、人口減少、経済の衰退など社会と地域の課題も同時に解決するモデルケースとなるような「復興の拠点」を目指す。将来的には鵡川地区も含め町全体に広げていきたい考えだ。

再整備に向けて議論が活発化している穂別博物館

 21日に開会した町議会定例会で、大松紀美子氏の一般質問に答えた。

 町が18年3月に策定した再整備基本計画では、穂別地区で発掘された全長約8メートルある国内最大の恐竜全身骨格化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)を収容できる新たな施設の整備を目指していた。しかし、同年9月に胆振東部地震が発生し、被災したまちなかの再生が大きな課題となったほか、20年以降新型コロナウイルス感染症の流行が続いていることによる時代の変革、さらには博物館法の改正などにより、博物館そのものの在り方が見直されてきた。

 このため町は、昨年3月に策定したまちづくり計画や今年3月に成案化したまちなか再生基本計画を踏まえ、さらに地域力創造アドバイザーの助言を受けながら、当初掲げた再整備基本計画の点検・検証を進めてきた。

 新たな構想では、博物館の周辺エリア一帯に、図書館、カフェスペースなどのコミュニティー、ミュージアムショップ、温浴施設、緊急避難場所、買い物弱者・交通弱者にも配慮した機能などをまとめるイメージを描いており、これらの条件に沿ったデザイン案をプロポーザル(公募提案)で事業者選定する。事例として、今ある施設を生かした方法以外に、事業者によっては大きな建物にすべての機能を集約させたり、エリア内に点在させたりする提案が出される可能性もある。

 総事業費は現段階で約15億円をみており、合併特例債を中心に企業版ふるさと納税や「恐竜の卵基金」の活用を想定。本定例会では基本設計業務にかかる3000万円を22年度一般会計補正予算案に盛り込んで提出している。

 竹中喜之町長は「単なる整備ではなく、目まぐるしい社会情勢の変化、ニーズを捉え、震災からの創造的な復興、創生の象徴、社会課題や地域課題を解決する場となるような施設整備を進めていきたい」と理解を求めた。

関連記事

名寄新聞

漁師の祈り表現・名寄の山岸さん全日写連北海道写真展最高賞【名寄】

 日本海に浮かぶ鳥居を印象的に撮影した作品が、全日写連第19回北海道写真展で最高賞の金賞に選ばれた。市内のアマチュア写真家で医師の山岸真理(まこと)さん(70)=西1北5。写真仲間から盛んな祝福を...

苫小牧民報

2大アート満喫 白老の味覚と文化芸術ツアー

まちの文化資源を活用した着地型観光バスツアー「白老町の2大アートイベントをプロジェクトスタッフとじっくり巡る! 白老の味覚と文化芸術ツアー」が24日、白老町内で行われた。町外から参加した17人は、...

苫小牧民報

国松希根太さん個展 地形を表現 飛生アートコミュニティ 白老

白老町内にアトリエを構える彫刻家、国松希根太さん(45)の個展「地景を刻む」が、町竹浦520の飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)で開かれている。飛生での個展は2014年以来で、校舎全体を会場...

室蘭民報

白血病克服、163キロ完走 市内の豊年さん「家族、友人に恩返し」、北海道トラ..

 家族や友人に恩返ししたい-。室蘭市在住の豊年真士さん(26)が8月28日に洞爺湖町で開かれた北海道トライアスロンに初出場し見事、完走した。豊年さんは2020年に急性前骨髄球性白血病を発症し、半...

室蘭民報

撮りフェス、力作200点超 旧室蘭駅舎に展示【室蘭】

 24時間滞在型のフォトコンテスト・撮りフェスin室蘭2022(18、19日。実行委員会主催)で寄せられた200点超を紹介する作品展が26日、室蘭市海岸町の旧室蘭駅舎で始まった。構図にこだわった...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス