北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

最新のMRI導入 伊達赤十字病院、地域医療の充実期待【伊達】

伊達赤十字病院に導入された最新のMRI

大幅に性能アップ、撮影時の負担軽減

 伊達赤十字病院(伊達市末永町、武智茂院長)は、磁気共鳴断層撮影装置(MRI)を更新した。GEヘルスケアジャパンの「Signa Explоrer」で、2021年バージョンというメーカー内で一番新しく、西胆振でも最新の機種となっている。

 MRIの更新は2015年以来約7年ぶり。以前は「Signa HDxt」を使用していた。約6年の耐用年数を迎え、「一般社団法人日本損害保険協会 自動車損害賠償責任保険運用益助成金」の補助を受け、購入した。

 同病院によると、今回の機種は撮影時に使われるセンサーが8個から16個に増加。さらにフルデジタルになったことで、画質、撮影精度、撮影速度が大幅に向上。脳梗塞などの早期発見、ヘルニアやがんの検査精度も上がった。また、サイレントモードも搭載されており、撮影に慣れていない小さな子どもにも優しくなった。

 放射線科部の山内修司技師長は「息を止めて行う撮影も時間が短くなり、撮影時に使うカバーも軽くなった。定期的に診察に来る患者さんからも『楽になったね』という声があり、患者さんの負担が大きく減っている」と話す。

 同病院には市内の医療施設からも撮影依頼が来ることがあり、昨年度は市内7施設から475件あった。事務部調度課の永山淳一課長は「当院だけでなく、地域の共有財産として、最新の検査を提供できる。新機種の導入で、依頼件数が増えることも予想される」と期待している。

 MRIは8月29日に設置され、既に稼働している。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス