北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

認知症改善の理解深める【浦河】

 室蘭市母恋北町1の北斗文化学園北海道福祉教育専門学校(澤田乃基学校長)主催の自立支援介護セミナー「認知症を学ぼう!~認知症は、こんな病気なんです!~」が15日、浦河町総合文化会館で開かれ、町内外の約110人が認知症改善へ理解を深めた。

 主催する道福祉教育専門学校は2019年度から世界で唯一「自立支援介護福祉学科(旧介護福祉学科)」を取り入れた胆振・日高地区唯一の介護福祉士・保育士を養成する専門学校。普通の介護福祉士ではなく、「自立支援介護の提供ができる介護福祉士」を養成している。「自立支援介護」とは、従来のできないことを世話し補う介護ではなく、「できないことをできるようにする」新しい介護の仕方。

 開会で澤田学校長は「現在少子高齢化、人口減少で日本社会は各産業界をはじめ、身近な地域社会の持続性に黄色信号がともる時期に入っている。今後実施していく必要があるのは『自立支援・重度化の防止』、すなわち自立支援型の介護サービス。認知症を治し、高齢に伴い、自然と寝たきりとなる状態から、寝たきりを起こし、元の日常生活を取り戻す。身体の機能が加齢で低下し重度化しないように予防することが大きな柱」とあいさつ。

 講演は同専門学校顧問で国際医療福祉大の竹内孝仁大学院教授が行った。竹内教授は「認知症は治る」と明言。「認知症は身体の水分不足から起こる意識障害」と話し、認知が落ちている状態を戻すために「1日1500㍉の水分(アルコール以外)を飲む」、「運動」、「栄養をきちんと摂る」、「便秘解消」、「刺激のある生活を送る」―の5項目を実践すると、数カ月で認知症の症状が改善されるという。

 来場者は盛んにメモを取りながら、竹内教授の話に耳を傾けたほか、講演後には普段のボランティア活動で、5項目を実践しながら認知症の人と接している同専門学生へ質問する姿も見られた。

認知症について講演する竹内教授

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス