北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

亜麻仁油でドレッシング完成 富川さん栽培【本別】

 本別町内の農家富川範己さんが栽培している亜麻由来の亜麻仁油が、ドレッシングとして販売されている。約700本の限定販売。利益になる数量ではないが、今後の亜麻生産につなげたいと試験的に製造した。帯広物産協会が協力し、北海道フードネットワークプロジェクトの連携で商品化を実現させた。

亜麻仁油のドレッシングをPRする富川さん

 原材料である亜麻は全て富川さんが生産。生産を始めたのは2020年からで、生産量はまだ少なく、搾った亜麻仁油は約9リットル。通常ならば商品化できる量ではないが、せっかく作った亜麻仁油を活用したいと、JA本別町(佐野政利組合長)が帯広物産協会に相談。同協会が事務局を務める同プロジェクトが「生産者の所得向上」を目指していることから、高価な亜麻の栽培を広める手伝いをと商品化に乗り出した。

 富川さんの亜麻仁油は少量で価格も高いことから、物産協会や販売を担当するふたみ青果(釧路)らがドレッシング化を提案。タマネギドレッシングと混ぜることで、まろやかな味で手頃な価格で販売できる。

 今回は試験製造で、消費者の反応を見ながら、今後亜麻の増産など本格販売のための取り組みを進めていく。同協会の木戸善範事務局長は「加工品は産地を引っ張る力がある。就農者を減らさないためにも、収益性の高い作物を普及させたい」と話す。

 富川さんは「好評なら作付面積や亜麻農家を増やして増産につなげたい」と話す。佐野組合長も「亜麻の増産のみならず、タマネギも本別産を使用し、町の特産品としてドレッシングを育てていきたい」と意気込んでいる。

 「十勝農家の和風たまねぎドレッシング」(300ミリリットル、734円)は現在、とかち物産センター(JR帯広駅エスタ東館2階)や音更町のハピオなどで販売中。

関連記事

十勝毎日新聞

SL風キッチンバス登場 堀部産業「から揚げ」販売へ【幕別】

 堀部産業(幕別町忠類、堀部好隆社長)が、マイクロバスをSL機関車風に改装したユニークなキッチンバスを導入した。10月1日からテキサス本店(帯広市西20南2)前を拠点に営業を開始し、車内で調理...

十勝毎日新聞

新そば堪能 3年ぶり祭り【新得】

 新得町の秋の味覚を味わう第19回しんとく新そば祭り(実行委主催)が25日、町保健福祉センターなごみ前駐車場で開かれた。コロナ禍で3年ぶりの開催。感染拡大防止のため、時間帯別に入場者数に定員を設...

十勝毎日新聞

沖縄グルメ 藤丸に一堂 27日まで「うまいもの」第2弾【帯広】

 国内の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」の第2弾が22日、藤丸7階催し物会場で始まった。第2弾は「沖縄本土復帰50周年祭」と銘打ち、沖縄を中心に全国の特産品が並び、来場者が買い物を楽し...

十勝毎日新聞

鹿追町長チョウザメ食べてPR 北の屋台でフェア【帯広】

 高級食材「キャビア」で有名なチョウザメの身を味わう「蝶鮫祭(チョウザメフェア)」が、帯広市内の北の屋台(杉山輝子理事長、全20店)で行われている。10月1日まで。  フェアは今回が初開催。北...

十勝毎日新聞

「うまいもの」求め行列 全国45店20日まで 藤丸【帯広】

 全国各地の秋の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」が15日、帯広市内の藤丸7階催し物会場で開幕した。各地の名産を求める多くの買い物客でにぎわっている。20日まで。  全国23都道府県...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス