北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

スピードスケート 松井再始動 男子500・35秒24V【帯広】

 2022明治北海道十勝オーバル競技会第1戦(道スケート連盟主催)が3、4の両日、同オーバルで行われた。男子500メートルは松井大和(シリウス-日大、鹿追高出)が35秒24で制し、同1000メートルは久保向希(JOYFIT)が1分9秒74で圧勝した。同3000メートルは一戸誠太郎(ANA)が3分42秒82の日本新で貫禄勝ち。女子は1000メートルを山根佳子(登寿ホールディングス-日体大、帯柏葉高出)が1分18秒21で制し、1500メートルは真野美咲(日体大-山形中央高、中札内中出)が2分2秒93で優勝した。

「メダル取れる力を」 引退よぎるも気持ちに火

35秒24のタイムで1位の松井大和

 500メートル最終組、北京五輪代表を争った松井大和と森本拓也(三重県スポーツ協会-日体大、池田高出)の同走に、会場の空気が引き締まった。ダイナミックな加速を見せてトップタイムをマークした松井は、「上出来」と自己評価。「W杯でメダルを取れるだけの力を安定して出せるようになりたい」と、純粋に強さを求めている。

 昨季はW杯で1勝を挙げたが、激戦の五輪選考会は5着に敗れた。五輪の500メートルのレースは自宅のテレビで観戦した。「あれを見て思ったのは、自分が出ていても絶対勝てなかったと。あの時点では実力不足だった」と松井。金メダルの中国の高亭宇、銅の森重航(専大)ともW杯で実績を積み上げていた。真の実力者だけが五輪のメダルに値すると感じた。

 選考会後は引退も頭をよぎったが、3月のW杯最終戦(オランダ・ヘーレンフェイン)などに出場するうち、「やっぱり楽しい。世界の中で日本がこれだけ強いのだから。自分も、もっとやらなきゃ終われない」と気持ちに火がついた。

 久保向希(JOYFIT)、川目拓磨(都市総合開発)とのユニオンチームで、昨季得たスタートやフォーム改善のヒントを形にしていく。「1回ごとに挑戦して、一年一年新しいことにチャレンジする。まだまだ自分はそういう立場。進化していかないと先はない」。潜在能力を秘めた24歳は歩みを止めない。

廃部経てJOYFITに

1分9秒74の滑りに笑顔を見せる久保向希

 新たな所属先「JOYFIT」の文字を胸に、久保向希が1000メートルで快走を見せた。所属していた日本電産サンキョーが廃部となった後、「無職」の期間を経て7月1日付でオカモトホールディングス(帯広)と契約。「多くの人の協力で応援をいただけた。地元企業なのが本当にうれしい」と笑顔を見せた。

 「廃部は五輪に行けなかった自分たちの責任。続けていいのか考える時期もあったが、結果が振るわないまま、やめたくなかった」。所属先探しには、1社1人のスケーター支援を道内に拡散する「スケートスクラム」構想を進める鈴木靖氏(北海道オール・オリンピアンズGM、1984年サラエボ五輪スケート代表)が奔走してくれた。

 練習は松井大和らのチームに加わった。ナショナルチームにいたころから、トレーニングの考え方では指導陣とぶつかることが多かったが、「今は自分の意見を出して、やりたい流れで練習ができている」と充実感がある。

 シーズン初めから1分9秒台は想定以上。ここ数年のトンネルから抜け出すきざしを感じた。「1000メートルは他の距離からも選手が集まる激戦区。その中で戦っていきたい」と、新たな環境を推進剤に世界への挑戦権を得るつもりだ。

山根「けん引役に」 女子1000 宮坂建設のグループ会社に入社

 ベテラン勢の引退が相次いだ女子短距離で、昨年W杯を経験した27歳の山根佳子は追い掛ける立場から、けん引役に変わった。「自分にはチャンスだが、先輩たちの穴を埋めないと日本のレベルが落ちてしまう」と意識を高めている。

 北京五輪選考会で落選後、4年後への仕切り直しを地元企業が後押しした。4月から帯広の宮坂建設工業のグループ会社、登寿ホールディングスの所属に。社員として採用され、入社式にも参加した。

 練習に集中できる計らいも受けている。ワンピースは緑と黄色の会社のイメージカラーにした。「選手として残り限られた時間を、地元企業に応援していただけるのはありがたいこと」と笑顔を見せる。

 高校時代に指導を受けた帯三条高の後藤陽監督を頼り、初心に戻って高校生たちと練習に取り組む。今大会は1000メートルで好感触を得たが、500メートルは19歳の吉田雪乃(株式会社寿広)に敗れた。「足りない部分を改善するために、挑戦するシーズンにしたい」と力を込めた。

一戸 男子3000日本記録樹立 3分42秒82 特別強化指定狙う

 北京五輪代表の一戸誠太郎が、トップ選手が滑る機会が少ない3000メートルで、軽々と日本記録を樹立した。帯広在住の26歳は「4年後はまだ見えないが、1年ずつ目標をこなす。その先に次の五輪があればいい」と語った。

 五輪後の引退も考えたが、3月に長根ファイナル(八戸)を観戦し「何も気にせず見るスケートは、すごく楽しかった」と原点を思い出し、続行を決意した。

 日本スケート連盟が承認する個別ユニオンチームとして小川拓朗(栃木県スポーツ協会-白樺学園高出)、三輪準也(フィットラボ-法大、白樺学園高出)らに大学生も加え、6人で活動している。「練習メニューは大体自分が考える。マネジメントも大変だけど、やりがいがある」と一戸。

 個人としては、現在女子の高木美帆(日体大職-日体大、帯南商高出)しかいない特別強化指定を狙う一戸。「自分のランクを上げることで、チームの価値も高めたい」と、プランを描いている。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス