北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

9月2~4日「とかちマルシェ」 118店が地場産メニュー【帯広】

 十勝の食の魅力が詰まったイベント「とかちマルシェ」(運営協議会主催)が9月2~4日、JR帯広駅周辺で開催される。118店が出店し、十勝産食材を使用した500円以下のメニュー(物産品など一部で例外あり)が提供され、地場の味覚を味わうことができる。

 運営協議会は帯広商工会議所や帯広観光コンベンション協会などによる「とかちマルシェ推進協議会」と帯広市の十勝フェスタ実行委員会で構成。2011年に帯商の90周年記念事業として開かれて以来、19年まで開催を続け、近年では来場者が10万人を突破していた。20、21年は新型コロナウイルスの影響から、店舗周遊型で開催しており、今年は3年ぶりのリアル開催。2日午後4時50分から駅北口の特設ステージでオープニングセレモニーが行われ、ナイトマルシェがスタートする(同9時まで)。

 席数は前回開催となる19年より20%少ない1049席。コロナ対策で間隔を設けるため座席数を削減。以前は設置していなかったスペースにも座席を設け、間隔を確保した。相席の禁止や消毒液の設置、各席に除菌シートを配置しセルフでの席の消毒を促す。出店者側には2週間分の体調チェックシートの記入や接客担当者のフェースシールド着用を義務付けるなど、コロナ対策に力を入れる。

 飲食店は全店十勝産食材を使ったメニューを提供。新規出店も20店ほどあり、さまざまな料理を楽しむことができる。体験ブースなどもあり、ピザや豆腐づくりを楽しむことも可能。ステージでは管内のアーティストなど延べ25組による音楽イベントが行われる。

 会場は駅北エリア(駅北側ロータリー周辺)と駅南エリア(駅南側ロータリー周辺ととかちプラザ)の2カ所で、駅南側道路は車両通行止めとなる。

 3、4日は帯広厚生病院前とマルシェ会場間で無料のシャトルバスを20分間隔で運行、市中心部の指定の駐車場を対象に駐車料100円サービス券を発行する。事務局の帯商は「感染対策は来場者の協力があって成り立つものなので、安全なイベントにするため、少しでも本人や同居者の体調に異変のある人は来場を自粛してほしい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

SL風キッチンバス登場 堀部産業「から揚げ」販売へ【幕別】

 堀部産業(幕別町忠類、堀部好隆社長)が、マイクロバスをSL機関車風に改装したユニークなキッチンバスを導入した。10月1日からテキサス本店(帯広市西20南2)前を拠点に営業を開始し、車内で調理...

十勝毎日新聞

新そば堪能 3年ぶり祭り【新得】

 新得町の秋の味覚を味わう第19回しんとく新そば祭り(実行委主催)が25日、町保健福祉センターなごみ前駐車場で開かれた。コロナ禍で3年ぶりの開催。感染拡大防止のため、時間帯別に入場者数に定員を設...

十勝毎日新聞

沖縄グルメ 藤丸に一堂 27日まで「うまいもの」第2弾【帯広】

 国内の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」の第2弾が22日、藤丸7階催し物会場で始まった。第2弾は「沖縄本土復帰50周年祭」と銘打ち、沖縄を中心に全国の特産品が並び、来場者が買い物を楽し...

十勝毎日新聞

鹿追町長チョウザメ食べてPR 北の屋台でフェア【帯広】

 高級食材「キャビア」で有名なチョウザメの身を味わう「蝶鮫祭(チョウザメフェア)」が、帯広市内の北の屋台(杉山輝子理事長、全20店)で行われている。10月1日まで。  フェアは今回が初開催。北...

十勝毎日新聞

「うまいもの」求め行列 全国45店20日まで 藤丸【帯広】

 全国各地の秋の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」が15日、帯広市内の藤丸7階催し物会場で開幕した。各地の名産を求める多くの買い物客でにぎわっている。20日まで。  全国23都道府県...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス