北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

エゾバイツブ継承を 卵塊400キロを放流【広尾】

エゾバイツブの卵塊を船に積み込む漁業者

 広尾漁協エゾバイツブ篭(かご)漁業部会(関下啓史郎部会長)は22日、広尾町内の十勝港沖合にエゾバイツブの卵塊(受精卵)約400キロを放流した。資源の維持・増殖が目的。

 卵塊の放流は2009年から継続。海中から採取した卵塊を音調津地区の漁協施設で保存し、十勝港の沖合5キロの資源保護区に放流している。これまでの放流量は約3400キロ。

 この日は、同部会のメンバー8人が午前8時すぎから作業を開始。九つの網に入れた卵塊を漁船に積み込んで、沖合に向けて出港した。

 今回放流したのは約400キロ、7000万粒。赤潮の影響で放流数は昨年(1億2000万粒)を下回った。4、5年後に5センチ程度に成長する。

 関下部会長は「活動は14年目に入り、波はあるが、毎年一定の量は採れるようになった。“育て上げる”という意識で(エゾバイツブ漁を)若い世代に受け継いでいきたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス