北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

かわたびコーヒー第2弾完成 川のイメージをブレンド【十勝】

 十勝管内の3人の焙煎(ばいせん)士が川をイメージしてブレンドした第2弾の「かわたびコーヒー」の発表会が17日、帯広市内の十勝川インフォメーションセンター前テラスで行われた。十勝川、札内川、音更川の特徴をイメージして、それぞれ3種類の豆をブレンドしたオリジナル商品で、焙煎士が運営する店舗などで販売している。

“悠”十勝川 “清”札内川 “荒”音更川

川をイメージした「かわたびコーヒー 川ブレンド」。右から西さん、森田さん、木村さん

 「かわたびコーヒー」は、北海道開発局のプロジェクト「かわたびほっかいどう」の一環。第1弾として、札内川ダム(中札内村)の通路でコーヒー豆を熟成している。第2弾の川ブレンドは、帯広開発建設部帯広河川事務所とトカプコーヒー(中札内村大通南6)、May coffee(同村)、カシオペイアコーヒー店(音更町新通北1)が企画した。

 トカプコーヒーの木村務さんは「十勝川ブレンド」を担当。「十勝の大地を悠々と流れ、人々に恵みを与え、大海原に注がれる」をコンセプトに、インドネシア、グアテマラ、ブラジルの3種類の豆をブレンドし、深いコクと強い甘み、クリーンな味わいとなっている。

 「札内川ブレンド」を担当したのは、May coffeeの森田美紀さん。エチオピア、ペルー、ホンジュラスの3種の無農薬栽培の豆を使用。「札内川は清流のイメージが強く、香り高さ、後味のすっきりさで表現し、時折見せる荒々しさを個性が強めの豆でブレンドした」と話した。

 「音更川ブレンド」はカシオペイアコーヒー店の西良太郎さんが担当。インドネシア、東ティモール、ラオスの癖のある3種の豆をブレンド。「音更川は荒々しいイメージなので、どっしりとした味わいで苦みもあるが、グレープフルーツのような香り。個性の強い豆ばかりだが、不思議な味わいを楽しめる」と語る。

 ドリップパックで、1個250円で各店で販売。「札内川ブレンド」は近く、道の駅なかさつない(中札内村大通南7)で販売予定。

 帯広河川事務所の須賀可人所長は「それぞれの川に特徴があるので、コーヒーを飲んで川のイメージを感じてもらうことを通じて、川を意識してもらえるきっかけになってくれたら」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

SL風キッチンバス登場 堀部産業「から揚げ」販売へ【幕別】

 堀部産業(幕別町忠類、堀部好隆社長)が、マイクロバスをSL機関車風に改装したユニークなキッチンバスを導入した。10月1日からテキサス本店(帯広市西20南2)前を拠点に営業を開始し、車内で調理...

十勝毎日新聞

新そば堪能 3年ぶり祭り【新得】

 新得町の秋の味覚を味わう第19回しんとく新そば祭り(実行委主催)が25日、町保健福祉センターなごみ前駐車場で開かれた。コロナ禍で3年ぶりの開催。感染拡大防止のため、時間帯別に入場者数に定員を設...

十勝毎日新聞

沖縄グルメ 藤丸に一堂 27日まで「うまいもの」第2弾【帯広】

 国内の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」の第2弾が22日、藤丸7階催し物会場で始まった。第2弾は「沖縄本土復帰50周年祭」と銘打ち、沖縄を中心に全国の特産品が並び、来場者が買い物を楽し...

十勝毎日新聞

鹿追町長チョウザメ食べてPR 北の屋台でフェア【帯広】

 高級食材「キャビア」で有名なチョウザメの身を味わう「蝶鮫祭(チョウザメフェア)」が、帯広市内の北の屋台(杉山輝子理事長、全20店)で行われている。10月1日まで。  フェアは今回が初開催。北...

十勝毎日新聞

「うまいもの」求め行列 全国45店20日まで 藤丸【帯広】

 全国各地の秋の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」が15日、帯広市内の藤丸7階催し物会場で開幕した。各地の名産を求める多くの買い物客でにぎわっている。20日まで。  全国23都道府県...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス