北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

かわたびコーヒー第2弾完成 川のイメージをブレンド【十勝】

 十勝管内の3人の焙煎(ばいせん)士が川をイメージしてブレンドした第2弾の「かわたびコーヒー」の発表会が17日、帯広市内の十勝川インフォメーションセンター前テラスで行われた。十勝川、札内川、音更川の特徴をイメージして、それぞれ3種類の豆をブレンドしたオリジナル商品で、焙煎士が運営する店舗などで販売している。

“悠”十勝川 “清”札内川 “荒”音更川

川をイメージした「かわたびコーヒー 川ブレンド」。右から西さん、森田さん、木村さん

 「かわたびコーヒー」は、北海道開発局のプロジェクト「かわたびほっかいどう」の一環。第1弾として、札内川ダム(中札内村)の通路でコーヒー豆を熟成している。第2弾の川ブレンドは、帯広開発建設部帯広河川事務所とトカプコーヒー(中札内村大通南6)、May coffee(同村)、カシオペイアコーヒー店(音更町新通北1)が企画した。

 トカプコーヒーの木村務さんは「十勝川ブレンド」を担当。「十勝の大地を悠々と流れ、人々に恵みを与え、大海原に注がれる」をコンセプトに、インドネシア、グアテマラ、ブラジルの3種類の豆をブレンドし、深いコクと強い甘み、クリーンな味わいとなっている。

 「札内川ブレンド」を担当したのは、May coffeeの森田美紀さん。エチオピア、ペルー、ホンジュラスの3種の無農薬栽培の豆を使用。「札内川は清流のイメージが強く、香り高さ、後味のすっきりさで表現し、時折見せる荒々しさを個性が強めの豆でブレンドした」と話した。

 「音更川ブレンド」はカシオペイアコーヒー店の西良太郎さんが担当。インドネシア、東ティモール、ラオスの癖のある3種の豆をブレンド。「音更川は荒々しいイメージなので、どっしりとした味わいで苦みもあるが、グレープフルーツのような香り。個性の強い豆ばかりだが、不思議な味わいを楽しめる」と語る。

 ドリップパックで、1個250円で各店で販売。「札内川ブレンド」は近く、道の駅なかさつない(中札内村大通南7)で販売予定。

 帯広河川事務所の須賀可人所長は「それぞれの川に特徴があるので、コーヒーを飲んで川のイメージを感じてもらうことを通じて、川を意識してもらえるきっかけになってくれたら」と話している。

関連記事

室蘭民報

新たな「苫小牧ビール」ぜひ ヤチヤナギとハスカップ使用、ブルワリー&ビア..

 オリジナルのクラフトビールを提供している北海道ブルワリー&ビアキッチン(苫小牧市錦町)は、苫小牧市産のヤチヤナギと厚真町産のハスカップを使ったビール「カムイゲイル ハシカプ」を発売した。ヤチヤ...

十勝毎日新聞

「ゆりね小豆コロッケ」好評 考案の南商生が店頭でPR【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部(東井咲詠部長)がサンマルコ食品(札幌市)と共同開発した「ゆりねと小豆のコロッケ」が23日から、イオン帯広店と十勝管内のマックスバリュ(MV)全7店で販売されている。2...

十勝毎日新聞

帯南商生考案「ゆりねと小豆のコロッケ」 イオンで販売【帯広】

 イオン北海道(札幌市)は、帯広南商業高校クッキング部(東井咲詠部長、18人)とサンマルコ食品(札幌市)が共同開発した「ゆりねと小豆のコロッケ」を25、26の両日、全道のイオン37店で販売する。イ...

十勝毎日新聞

十勝のレトルトカレー大集合 北海道ホテル【帯広】

 帯広市内の北海道ホテル(西7南19)は12月15日まで、1階のショップで、十勝のレトルトカレーを集めたフェアを開催している。  ホテルを訪れる観光客はもちろん、地域の人にも十勝発のレトルト...

室蘭民報

エゾシカ料理、高い関心 ゆもとで調理師会が研修【登別】

 北海道全調理師会第2ブロック(藤田恵二ブロック長)の2023年度研修会が13日、登別温泉町のホテルゆもと登別で開かれ、参加者がエゾシカ料理について理解を深め、調理人としての資質を高めた。  ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス