北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

まきばの家 「森のワインショップ」開店【池田】

十勝まきばの家の事務棟にオープンした「森のワインショップ」。左はワインを手にする森田統括マネジャー

 池田町清見の観光宿泊施設「十勝まきばの家」の敷地内に、「森のワインショップ」がオープンした。まきばの家のワイナリーで製造する赤や白、ロゼ、セミスパークリングのワイン7銘柄をはじめ、十勝産のチーズや肉、サウナグッズ、キャンプ用品などを取りそろえている。

 まきばの家を管理・運営する「大地」(本社帯広市)が23日に開設。店舗面積は38平方メートルで、町が研修施設として1975年に建設、現在はまきばの家の事務棟として使われている建物の一角を改装した。国税庁の「新市場開拓支援事業費補助金(フロンティア補助金)」に採択され、総事業費800万円のうち400万円は補助金を活用した。

 店内にはワインセラーを設置。陳列棚には、赤ワイン用品種の「清見」「山幸」「清舞」、白ワイン用品種の「ナイアガラ」「ニューナイアガラ」を原料に「十勝まきばの家ワイナリー」で製造した「翠嵐(すいらん)」「山舞(やままい)」といった7銘柄をはじめ、ワイン城で取り扱っているワインも置いている。

 また、清舞35%、清見30%、ナイアガラ25%、山幸10%をブレンドし「流星」と名付けた、まきばの家でしか飲めない赤ワインの試飲販売を30日から始める。

 7銘柄のうちスパークリングを除く4銘柄の試飲ができ、グラス(50ミリリットル)だと400円、3銘柄飲み比べだと1000円。記念写真としてワインに貼り付けるオリジナルラベルの作製も受け付けている。

 ワインに限らず、まきばの家で栽培したミニトマト、ミニトマトを加工製造したトマトジュースもある。十勝野フロマージュ(中札内村)のチーズや十勝清水コスモスファーム(清水町)の十勝牛コンビーフといった加工品、十勝管内のご当地サイダー、十勝発祥のサウナブランド「サウナモンスター」のサウナハットやバスタオル、まきばの家の敷地内にあるキャンプサイトで利用できる木炭や紙皿、子ども向けの遊具なども取り扱っている。

 森田大統括マネジャーは「十勝の良いものをどんどんそろえていきたい。ワインについてもほかのワイナリーで生産した銘柄を増やせれば」と話している。午前9時~午後6時(11月~翌2月の営業時間は短縮)。年末年始は休み。問い合わせはまきばの家(015・572・6000)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス