北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

健康な食をカフェから発信 元浜頓別町職員の細川さん【帯広】

 「Way to Go」(帯広市)社長の細川佑壱さん(41)は、長年勤めた公務員を辞め、縁のない十勝に移住して起業した。「食事を通じ、健康寿命を延ばすことに貢献したい」という夢実現のため、15日に栄養ケア特化型カフェを市内中心部にオープン予定。管理栄養士資格を持つ元同僚の力を借り、提供メニューには栄養成分などを表記し、今後は栄養相談や料理教室なども展開する考えだ。

栄養成分や身体への効果など、食全体へのアドバイスが書かれたメニュー表を手にする細川さん

 細川さんは宗谷管内枝幸町生まれ。2001年に同管内浜頓別町役場入りし、建設や保健福祉などを担当。福祉担当時代は、多くの高齢者が食事の用意が原因で施設入所を決めている実情を知り、「健康的な食事や知識を提供する場をつくりたい」と、昨年3月に総務課まちづくり係長を最後に20年勤めた役場を退職。「栄養にこだわるなら、食糧自給率が高く、食材が豊富な場所で」と、十勝での開業を決め、準備を進めてきた。

 カフェは「N.cafe LoCo TABLE(エヌカフェ・ロコ・テーブル)」(西3南11、帯広太陽ビル1階)。シェフは福祉担当時代の同僚で管理栄養士や野菜ソムリエなどの資格を持つ淡路由香さん(31)が務める。細川さんの構想に共感し、同じく役場を辞め、十勝に移住した。メニューはパスタやチキンカレー、しょうが焼きなどで1000円前後。食材は十勝産と浜頓別産を主軸とし、メニュー表には栄養成分や食材が身体にもたらす効果、おすすめの時間や食べ方などを表記する。

 カフェを拠点に管理栄養士による栄養ケア事業にも力を入れ、淡路さんを中心に栄養相談や調理教室、講演なども行っていく考え。現在、全国栄養士会による「認定栄養ケア・ステーション」の申請中だ。

 細川さんは「カフェなら役場と違い、気軽に足を運んでもらえると思った。認定後は特定保健指導など活動の場を広げたい」と意欲を見せる。

 営業時間は午前11時30分~午後2時、来客の状況を見て、ディナーの営業も検討する。日曜、第2・第4月曜定休。問い合わせは同カフェ(050・3174・6565)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス