北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河町東部地区を追加【浦河】

 浦河町は、通院や買い物などの足の確保のため、昨年から町内2区域で実施してきた予約制乗合バスの試験運行区域に、6月1日から東部地区の一部を追加した3区域で検証を行う。

 試験運行は、土日祝日を除く平日の午前7時から午後6時にかけ、1日3往復を予定。利用の前日午後5時までに電話で、乗降場所と時間を伝える。

 昨年は、7月から今年3月31日までの期間中、町西部中心に、A区域(野深、富里、姉茶、瑞穂、上東栄)、B区域(絵笛、上絵笛、向別、上向別)で試験運行を行い、147人が利用した。

 今回、追加されたC区域は、東部地区の杵臼、上杵臼、西舎、東幌別、海岸沿い国道付近を除く西幌別。

 指定降車場所として、区域①(荻伏支所)、区域②(コープさっぽろパセオ堺町店、堺町生活館、総合文化会館、浦河赤十字病院、町役場)を設定した。

 運賃は、200~500円。小学生や身体障がい者手帳のある人の運賃は半額、未就学児やシニアパスポートのある人は無料。既存バスの運行がある区域間での乗降はできない。

 予約は日交ハイヤー株式会社(☎0146・22・3151)。説明会を希望する団体は町企画課(☎0146・22・3151)へ。

浦河町の乗合バス試験運行エリア

関連記事

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...

室蘭民報

「登別温泉の肌」大好評 「食塩泉源泉」94%以上配合化粧水、ホテル・旅館な..

 国内有数の名湯・登別温泉の温泉水を使った化粧水「登別温泉の肌」が完成し、今月1日から登別温泉のホテル・旅館、土産物店などで販売している。登別温泉の「食塩泉源泉」を94%以上配合した商品。発売元...

室蘭民報

23年度大規模改修へ、入江陸上競技場 2種公認の更新に向け、整備費6~7億円【..

 室蘭市教育委員会は2023年度に入江運動公園陸上競技場(入江町)の大規模な改修を行う方針を明らかにした。施設の劣化が著しく、改修を実施しなければ、日本陸上競技連盟の2種公認基準を満たすことができ...