北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

タンチョウひな元気な姿【釧路】

元気な姿を見せたひな(19日午後)

園内で回収した野鳥(ハシブトガラス)1羽の死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたため、4月22日から休園していた釧路市丹頂鶴自然公園(鶴丘112)が19日、営業を再開した。休園中に生まれたタンチョウのひなも元気な姿を見せて再開に花を添え、来園者を楽しませた。

 同園を管理する釧路市動物園では、4月20日に野鳥の死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたため、同公園を休園し様子を見ていたが、4週間が経過しその間に新たな発生が確認されなかったことで再開を決めた。

 また、休園中に生まれたのはタンチョウのナカチャンベツ(雄、年齢不明)とノギク(雌、年齢不明)の間に生まれたひなで、産卵は4月4日。別のつがいのコウタ(雄、6歳)とショウコ(雌、年齢不明)が代わって抱卵し、今月7日にふ化し現在も育成している。ひなは体長が20㌢程度に成長し、園内の水生生物や同公園が与えるホッケなどの餌を食べて順調に成長。3カ月後に性別を確認し名前が付けられる。

 この日は、再開を待ちわびた市民、京都や神奈川県などからの観光客らが訪れ、タンチョウの観察などを楽しみ、ひなを見つけると「かわいい」と話しながらカメラやスマートフォンにその姿を収めていた。市内から訪れた70代男性は「かわいい姿を写真にしっかりと収めた。順調に成長し、求愛ダンスを踊る姿を撮りたい」と笑顔を見せた。

同動物園の高嶋賢治主査は「体が小さいとカラスに襲われるなど事故に遭いやすいので、まずは無事に成長し、体が大きくなってほしい。多くの方が来園し、元気な姿を見てもらえたら」と話していた。

 同公園の開園時間は午前9時から午後6時。問い合わせは0154(56)2219へ。  

関連記事

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...