北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

軽種馬の調教技術を習得【浦河】

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)は15日、育成調教技術者養成研修第39期生の修了式を執り行った。軽種馬の調教技術習得を目指し全国から集まった男女18人が、育成調教技術者研修施設800㍍調教馬場で騎乗供覧を披露し、優駿ビレッジアエルで挙行した修了式では、草野広実理事長から修了証を受け取り、ホースマンとしての期待を胸に新たな一歩を踏み出した。

 日本中央競馬会(JRA)の外郭団体BTCでは、世界に通じる強い馬づくりを目指して1992年(平成4年)から技術者養成研修をスタート。馬産地の軽種馬育成技術のレベルアップに貢献するホースマンを輩出している。

 39期修了生は18歳~40歳までの男性12人、女性6人の計18人。全寮制で生活し、騎乗訓練や実技、学科で軽種馬育成の基礎技術や知識を学んだほか、近隣のJRA日高育成牧場での育成馬馴致実習にも取り組み、実践的な技術習得に励んできた。

 修了式は、新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から保護者や来賓、牧場関係者らの出席はなく、BTC役職員と修了生のみで執り行った。

 1周800㍍の調教馬場で行われた騎乗の実技査閲では、1列縦隊や併走など1年間の厳しい訓練で磨いてきた騎乗技術を披露。

800㍍の調教馬場で行われた実技査閲

 近くのアエルで執り行われた修了式では、草野理事長が一人ひとりに修了証書を手渡し、これからの活躍を期待。また、研修生表彰では各部門の優秀成績者にトロフィーを贈呈。理事長賞には米尾竜樹さん(19)、場長賞には松尾恵理香さん(35)、騎乗技術最優秀賞には堀部英斗さん(19)、きゅう舎作業最優秀賞には米尾竜樹さん、学科最優秀賞には奥村眞子さん(19)が輝いた。

 式辞で草野理事長は、「慣れない寮生活や、思うように馬を動かせずけがもしたでしょう。コロナ禍でさまざまな制限がある中で、厳しい研修を終えた皆さんは自信をもってほしい」と一年間の研修修了をたたえ、「これから、牧場で働いていく。ここで学んだことをどのように生かしていくかを大切に、目標をもって進んでほしい。大きな可能性を持っている皆さんの活躍を期待する」とエールを送った。

 研修生を代表して米尾竜樹さん(神奈川県出身)が「今日までの一年間で多くのことを学んだ。挫折しそうになった時には、教官やBTCの職員のみんなさん、保護者ら多くの人に支えられてきた。これから、さまざまな試練が待っていると思うが、ここで学んだことを生かして乗り越えていく」と決意を述べた。

 修了生は全員が日高、胆振管内の軽種馬生産・育成牧場に就職する。

修了証を手にする18人の39期生

関連記事

日高報知新聞

より良い町を考える 平取町小学生議会 10人が身近な課題を質問【平取】

【平取】町教委主催の平取町小学生議会が8日、町役場議事堂で行われ、町内5校の6年生から選ばれた10人の“議員”が身近な町の課題を質問した。  昨年に続き3回目の開催。  開会で松田拓美教育長は...

日高報知新聞

町内外から1万6千人来場 第28回にいかっぷふるさと祭り【新冠】

【新冠】新冠の夏のイベント「第28回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が13、14日の両日、旧JR新冠駅前広場周辺をメイン会場に開かれ、町内外から2日間で1万6千人が来場してみこし本練りや歌謡シ...

釧路新聞

「恋問海岸」演歌に 山口ひろみさん新曲披露【白糠】

 【白糠】演歌の大御所``サブちゃん、、こと、北島三郎さんの最後のまな弟子、山口ひろみさんが白糠町のロマンチックな観光スポット「恋問海岸」を歌った新曲を17日、テイチクレコードから発売。これを記念して...

釧路新聞

地域の魅力 ユーチューブで 「釧路のずんだもん」チャンネル1万人突破【釧路..

 ユーチューブで釧路をテーマに情報発信している「マルピギア釧路のずんだもん」チャンネルが6月末、登録者1万人を突破した。全チャンネルの上位3%ともいわれる難関で、チャンネルを企画運営する白糠町在住...

苫小牧民報

アイヌ文化体験ブース開設 20、21日、ポロトミンタラフェス 白老

白老町は20、21両日の午前10時~午後3時、「しらおいポロトミンタラフェスティバル2024」を町若草町のJR白老駅北観光インフォメーションセンター(ポロトミンタラ)で開く。アイヌ文化クイズ大会や...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス