北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ひやま漁協女性部上ノ国支部 未利用資源活用し地域活性化【上ノ国】

記念撮影する(左から)品田支部長、疋田副町長、藤谷会長

 【上ノ国】全国漁業協同組合連合会が3月に開いた「第27回全国青年・女性漁業者交流大会」で、ひやま漁業協同組合女性部上ノ国支部(品田俊子支部長)が全国漁協女性部連絡協議会・全国漁青連の連名会長賞を受賞した。未利用資源を活用して加工品製造に取り組んだ活動が評価されての受賞で、品田支部長らが6日、町役場を表敬訪問し、成果を報告した。

 同大会は全国の青年や女性漁業者が、経営改善や魚類の消費拡大などの取り組みや研究活動などを発表し、情報共有を図るなどして水産業の発展を狙うもの。上ノ国支部は同賞の地域活性化部門で受賞した。

 同支部員は44人。2018年7月に石狩市厚田地区で開かれる朝市を視察し、水揚げされた水産物で多彩な加工品を製造していることに感銘を受け、同女性部でも持ち帰りが可能な加工品の製造に乗り出した。

 タコやホヤ、イカなどの加工に取り組んだが、イカは不漁の影響で原材料が入手困難となり、町内のホッケ刺し網漁で混獲されても未利用のままとなっていた「ドンコ」(エゾイソアイナメ)に目を付け、商品開発に着手。しょうゆ漬けやフライ、トバ、電子レンジで調理可能なシュウマイなどを生み出した。

 同支部の主な収入源となっていた町内各種イベントでの販売活動は、新型コロナウイルスの影響で中止に。その間、道の駅上ノ国もんじゅのプライベートブランド「おらえのごっつお」の商品製造に協力するなどして、同道の駅で同支部商品の販売スペース「浜の母さん」コーナーを獲得し、新たな収益源を得ることができた。

 6日、品田支部長と桧山地区漁業協同組合女性部連絡協議会の藤谷真理子会長が役場を訪れ、疋田英夫副町長に受賞を報告。疋田副町長は「全国大会での受賞は町にとっても名誉。これからも活動を推進し、頑張ってもらいたい」と功績をたたえた。品田支部長は「町の過疎化は進んでいるが、地域を大切にしながら上ノ国の活性化のため、末永く活動したい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス