北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  高丘小、亡き児童の思…
高丘小、亡き児童の思い出詰まった「希望の時計」復活【函館】
函館新聞 - 2017/11/11 23:54
2代目として生まれ変わった「希望の時計」の設置を喜ぶ二ツ山さん、平川会長、硲さん、古川校長(左から)
 函館高丘小学校(古川邦彦校長、児童317人)は11日、グラウンドに新しい屋外時計を設置した。同校に通い、1980年に闘病の末に12歳で亡くなった硲(はざま)健一郎さんをしのんで作られた「希望の時計」の名前を受け継いだ2代目だ。除幕式には十勝管内音更町から母ケイさん(80)ら家族も来校し、「これからも子どもたちの希望の存在になってもらえたらうれしい」と喜んでいる。

 野球が大好きで素直な少年だったという健一郎さんは79年の春、6年生の時に骨肉腫と診断された。札幌での入院生活は8カ月にもなり、右足の切断やつらい抗がん剤治療にも明るさを失わずに耐えたが、80年1月14日に短い生涯を終えた。ケイさんは「函館に一時帰宅した時に、担任の先生にヨットに乗せてもらった時、最高の笑顔を見せてくれました」と話す。

 健一郎さんの思い出が詰まった同校には同年4月、両親の寄付金で「希望の時計」が設置された。30年以上にわたって、児童たちに時を知らせてきたが、老朽化のために故障し、数年前に撤去。当時の思いを知ったPTA(平川公一会長)が中心となり、4年ほどかけて、復活の準備を進めてきた。

 購入にはベルマーク事業を利用し、同校で集めた約8年分に加えて、近隣の高丘幼稚園の協力や閉校した旧五稜中からも引き継いだ。地域からの寄付、同校卒業生らが工事に協力し、今月上旬に設置を終えた。取り組みは、健一郎さんの妹二ツ山千賀子さん(43)=音更町=にも伝わり「友達からメールで『お兄ちゃんの時計復活するんだよ』と教えてもらいました」と話し、ケイさんとの来校につながった。

 地域公開授業参観日に合わせた除幕式は、雨のため体育館に変更したが、全校児童と保護者、近隣住民も参加。平川会長(43)と古川校長(59)は「たくさんの人たちの気持ちが詰まっている。大切にして」と呼び掛けた。ケイさんは「皆さんの力でよみがえらせてもらいました。函館に来た時には時計を見に来ます」と感謝していた。

 吹奏楽部のファンファーレとともにテープカットに参加した児童会長濱谷世名君(12)と、健一郎さんも所属した高丘にれの木スポーツ少年団キャプテンの中村陵雅君(11)=ともに6年=は「悲しい出来事があったことを知りましたが、新しい時計を天国で喜んでくれていると思う。これからも時計の前で元気よく過ごしたい」と話していた。
[函館新聞]-最近の話題
宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】(2017/11/19)
山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】(2017/11/19)
AI技術をまちづくりに 未来大などが講演・交流会【函館】(2017/11/18)
椴法華の大龍寺が珍しい「座禅堂」新設【函館】(2017/11/18)
鹿部の高田水産 プティシリーズ第3弾「ホタテ」【鹿部】(2017/11/17)
イカ不漁でアンケート 加工企業7割が価格転嫁【函館】(2017/11/17)
函館米穀、地元産コメの海外輸出強化へ【函館】(2017/11/16)
函館市初JR車両を使用した避難訓練【函館】(2017/11/16)
ななみつき初競り 昨年の最高値と同じ7玉7万円【函館】(2017/11/15)
ササラ電車、25年ぶりに化粧直しして試運転【函館】(2017/11/15)
高橋知事から道民栄誉賞を受け取った長原さん(左)
↑最近の写真
特集・道の駅
障害者国際大会「銅」の長原さんに道民栄誉賞【釧路】

宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】

山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】

有機小麦のパン食べよう【十勝】

伊能忠敬の足跡たどろう スマホアプリ【十勝】

バス停の屋根はポテトチップス 中高生発案【清水】

陸自第7師団と千歳市消防本部 化学テロ想定し共同訓練

新千歳国際線ビル拡張 富裕層向けホテルも

3年連続の優勝飾る・市役所サッカークラブ【名寄】

日ハムから絵本販売・星がテーマのストーリー【名寄】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(49)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(83)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)