北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  情報化促進貢献で文科…
情報化促進貢献で文科大臣賞 千歳科技大・小松川浩教授
苫小牧民報 - 2017/10/07 16:09
文部科学大臣賞を受けた小松川教授
 千歳科学技術大学の小松川浩教授(50)が、2017年度「情報化促進貢献個人等表彰」文部科学大臣賞を受賞した。インターネットで学習できる「eラーニング」システムを開発し、全国の大学と連携した共同研究を進めるなど、教育の情報化に先導的な役割を果たしてきたことが高く評価された。

 同表彰は、教育、科学技術、文化、スポーツの分野における情報化の促進に関して、研究開発などで顕著な貢献のあった個人または団体に贈られる。今年度は小松川教授を含め全国で2個人、1団体が受賞した。同大学からの受賞は初。

 小松川教授は「私は代表して(賞を)頂いただけ。開発に協力してくれたたくさんの関係者の成果であり、それが全国の大学に求められ、広がっている点が評価されたのではないか」と語り、eラーニングの研究開発に費やした18年間を振り返った。

 同大学のeラーニング開発は1998年の開学当初からスタートした。当時、教育現場では学生の基礎学力不足が問題になり始めていたことから「基本的な学習は学生がコンピューターを使って自分でできるように」とシステムの原型が生まれた。

 学習に使う教材は道内の高校教員の協力を受けて開発。高校生や小中学生向けの教材もあり、現在、道内56高校が同大学のeラーニングを利用している。千歳市内では市教育委員会と連携した「eカレッジ」を通じて小中学生に教材を提供している。

 2012年度からは、文科省の大学間連携共同教育推進事業の採択を受け、同大学を中心に全国8大学が連携して「共通基盤教育共有システム」を構築。教材をインターネット上で共有し、さまざまな形で活用しながらノウハウを蓄積する研究も進めている。

 同大学のeラーニングは現在も進化を続けており、AI(人工知能)が個々の学生のレベルに合った問題を自動的に選択して出題するなど、一歩踏み込んだ学習支援も可能になっている。

 小松川教授は「コンピューターに任せられることは任せ、教員は人間にしかできないことに力を集中できる。eラーニングが教員の負担を肩代わりし、子供が学習しやすい環境をつくっていく」と、教育の情報化が目指す姿を語る。

[苫小牧民報]-最近の話題
サケ捕獲急増、18日は今季最多7562匹 インディアン水車(2017/10/19)
親しみながら上達を スケートエンジョイスクール開講【苫小牧】(2017/10/19)
錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ(2017/10/19)
民族の関わりなど学ぶ 白老町でアイヌ語地名や歴史めぐる旅(2017/10/19)
金曜夜に青春フィーバー 苫小牧でディスコイベント【苫小牧】(2017/10/17)
児童ら躍動のこつ学ぶ 道スポチャレ教室に小学生35人【恵庭】(2017/10/17)
日本女性会議2017とまこまい閉幕 大会宣言で締めくくる(2017/10/16)
レンジャー養成教育終了、帰還行事盛大に-陸自第7師団(2017/10/16)
浜風受けうま味凝縮 シシャモすだれ干し、秋の風物詩-むかわ(2017/10/14)
白老のはしもと珈琲館40周年 「地域の人たちに感謝込めて」(2017/10/14)
人気となったサンマのつかみどり=根室市提供
↑最近の写真
特集・道の駅
芽室で根室のお魚好評 市漁青連が即売会【根室】

“職域かくし芸”更生保護基金造成に各界ひと役【根室】

静高野球部も参加して バットの森づくり植樹祭

バス高速輸送システム(BRT)試乗 管内7町長が大船渡線視察

北海道市長会が秋季定期総会【名寄】

カーリングホール製氷作業進む【名寄】

サケ捕獲急増、18日は今季最多7562匹 インディアン水車

親しみながら上達を スケートエンジョイスクール開講【苫小牧】

町内会・自治会女性役員らが防災グッズを手作り【室蘭】

民族の関わりなど学ぶ 白老町でアイヌ語地名や歴史めぐる旅

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

シンガーソングライターSAKIさんが11月10日ライブ【室蘭

美協公募展で手塚さんの染色工芸が最高賞【伊達】

市民文化祭の特別支援学級作品展で工夫の150点【登別】

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(121)

室蘭民報(935)

名寄新聞(74)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(179)

苫小牧民報(125)

釧路新聞(86)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)