北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  ふるさと納税活用へ …
ふるさと納税活用へ みらい会議が提言書案まとめる【根室】
根室新聞 - 2017/10/06 16:25
ふるさと納税を活用すべき事業の優先順位を集約したふるさと応援みらい会議
 ふるさと納税の活用を探る根室市ふるさと応援みらい会議(山下大介会長)は5日夜、第5回会議を市役所で開き、提言書案をまとめた。子育て施策や観光振興、人材育成など多岐にわたる意見が出された中、優先順位第1位に「子ども向け屋内遊戯施設の整備」を挙げた。また、並行して協議してきた高校生部会の意見も提言書に付帯意見として添付する。

 前回会議まで、それぞれの立場から「子育て」、「教育」、「経済産業」、「移住定住」、「観光」、「UIターン・起業」など意見を出し合ったほか、前回は提言書策定のため「ふるさと応援寄付の活用に関する基本方向」として「一部ではなく全体がいきいきと生活・活動できるような視点を持って活用すること」、「将来を見据えた寄付金の積み立て」など5項目の基本方針を確認していた。

 第5回会議では、これまで出された意見、提言などを基に議論を重ねながら集約。優先順位1位に市民意識調査でも多くの市民から要望があった「子ども向け屋内遊戯施設の整備」としたほか、2位に「官民共同による観光に特化したWEBサイトなどの情報発信の仕組みづくり(まちづくり法人の設立)」、3位に「専門職の人材確保対策(保育士・幼稚園教諭・介護士・社会福祉士の養成、移住支援のための基金創設)」とした。

 提言書には、これまで出された「ガバメントクラウドファンディングを活用した春国岱の保全」、「総合体育館整備に向けた積立の継続」、「介護施設の整備促進」、「特別支援教育の充実と経済的な負担軽減」、「総合福祉専門学校の誘致・創設(高校に福祉などの専門教科)」などの意見を網羅するほか、同会議の下部組織として並行して協議してきた高校生部会の意見も付帯意見として添付する。

 高校生部会では経営戦略を構築する「SWOT分析」を用いて、ふるさと根室の未来戦略づくりに取り組み、高校生の視点で根室再興のアイデアを抽出。「根室の食や自然を利用したツアー」や「道の駅を活用した特産品PR」、「観光情報の発信強化」など観光振興のほか、「若者が働きやすい会社」、「女性でも安心して働ける会社」、「まちおこし会社を作って他の地域と交流する」など、人口減少を意識した意見が多く見られた。

 同会議では検討事項が来年度に反映されるよう予算編成前の11月をめどに提言書をまとめ、長谷川俊輔市長に提言する。
[根室新聞]-最近の話題
芽室で根室のお魚好評 市漁青連が即売会【根室】(2017/10/19)
“職域かくし芸”更生保護基金造成に各界ひと役【根室】(2017/10/19)
外来ザリガニ駆除 公園の池から200匹超【根室】(2017/10/19)
文化祭シーズン開幕【根室】(2017/10/19)
ねむろポイントカード 行政ポイント対象事業決まる【根室】(2017/10/17)
中学生が北方領土を学ぶ 後継者育成ステップアップ事業【根室】(2017/10/17)
今年度のビザなし交流終了【根室】(2017/10/12)
ふるさと納税好調 上半期受入額1.3倍の6.7億円【根室】(2017/10/12)
珸瑤瑁獅子神楽守り半世紀―保存会「市文化賞」受賞【根室】(2017/10/11)
ヒグマ目撃 市、看板立て注意喚起【根室】(2017/10/11)
全道の各市長などが集まった秋季総会
↑最近の写真
特集・道の駅
芽室で根室のお魚好評 市漁青連が即売会【根室】

“職域かくし芸”更生保護基金造成に各界ひと役【根室】

静高野球部も参加して バットの森づくり植樹祭

バス高速輸送システム(BRT)試乗 管内7町長が大船渡線視察

北海道市長会が秋季定期総会【名寄】

カーリングホール製氷作業進む【名寄】

サケ捕獲急増、18日は今季最多7562匹 インディアン水車

親しみながら上達を スケートエンジョイスクール開講【苫小牧】

町内会・自治会女性役員らが防災グッズを手作り【室蘭】

民族の関わりなど学ぶ 白老町でアイヌ語地名や歴史めぐる旅

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

シンガーソングライターSAKIさんが11月10日ライブ【室蘭

美協公募展で手塚さんの染色工芸が最高賞【伊達】

市民文化祭の特別支援学級作品展で工夫の150点【登別】

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(121)

室蘭民報(935)

名寄新聞(74)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(179)

苫小牧民報(125)

釧路新聞(86)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)