北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  秋サケ「銀聖」給食に…
秋サケ「銀聖」給食に登場
日高報知新聞 - 2017/10/05 16:47
給食をほおばる1年生たち=荻伏小で=
 浦河町内全小中学校で3日、ブランド秋サケの「銀聖(ぎんせい)」1080食分が、給食メニューとして提供された。

 日高沿岸で水揚げされた秋サケの中から選び抜かれた銀聖は、高級ブランドとして道内外で浸透。平成19年から毎年、日高定置漁業者組合から無償で提供され、10月1日を「銀聖の日」と定めている。

 同組合や学校給食センターを運営する町教委は、給食に登場する銀聖を通して、日高産秋サケの味覚や間接的に漁業に触れ、地元産業への理解を深めるのが目的。今年は約80㌔が提供された。

 この日のメニューは、銀聖の塩焼き(80㌘)、白飯、のっぺい汁、ダイコンの煮物、牛乳。

 このうち荻伏小(西川寿輝校長)では、給食前に1年生14人へ給食センターの田渕いずみ栄養教諭が、秋サケが銀聖として取り扱われる基準、日高管内で取れること、新鮮さ、銀色の度合い、重量などを説明した。

 このあと児童たちは「いただきます!」と手を合わせたと同時に銀聖をほおばり、今が旬の秋サケを味わった。

 寺岡愛ちゃんは「やわらかくて、いつも食べているサケよりもおいしい」と話していた。

 学校給食センターでは「(秋サケの不漁が伝えられる中)、昨年と変わらない量を確保し、提供してくれたことはありがたい」と感謝していた。
[日高報知新聞]-最近の話題
静高野球部も参加して バットの森づくり植樹祭(2017/10/19)
バス高速輸送システム(BRT)試乗 管内7町長が大船渡線視察(2017/10/19)
伝統漁具でサケ捕獲(2017/10/18)
4競技に29人出場(2017/10/18)
大狩部トンネル見学(2017/10/17)
「浦から行こう」ルートを 大学生が旅をプロデュース(2017/10/17)
表彰や介護記念講演(2017/10/16)
買い物客に投票参加啓発(2017/10/16)
高齢者宅訪問し注意(2017/10/14)
功労者表彰や安全の誓い(2017/10/14)
サケの群れの遡上で活気づく捕獲作業=18日午後2時すぎ、インディアン水車
↑最近の写真
特集・道の駅
芽室で根室のお魚好評 市漁青連が即売会【根室】

“職域かくし芸”更生保護基金造成に各界ひと役【根室】

静高野球部も参加して バットの森づくり植樹祭

バス高速輸送システム(BRT)試乗 管内7町長が大船渡線視察

北海道市長会が秋季定期総会【名寄】

カーリングホール製氷作業進む【名寄】

サケ捕獲急増、18日は今季最多7562匹 インディアン水車

親しみながら上達を スケートエンジョイスクール開講【苫小牧】

町内会・自治会女性役員らが防災グッズを手作り【室蘭】

民族の関わりなど学ぶ 白老町でアイヌ語地名や歴史めぐる旅

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

シンガーソングライターSAKIさんが11月10日ライブ【室蘭

美協公募展で手塚さんの染色工芸が最高賞【伊達】

市民文化祭の特別支援学級作品展で工夫の150点【登別】

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(121)

室蘭民報(935)

名寄新聞(74)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(179)

苫小牧民報(125)

釧路新聞(86)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)