北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  水素社会実現の一歩へ…
水素社会実現の一歩へ 11月から実証事業【苫前】
日刊留萌新聞 - 2017/09/30 14:58
実証事業開始式でテープカットするNEDOの大平主任研究員(右から2人目)ら
 水素社会構築に向け、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの委託を受け、企業や大学が町内に実証施設を設けるなどして取り組んできたプロジェクトの実証事業開始式が、28日午前11時から苫前町夕陽ヶ丘ウインドファーム「風来望」で行われた。11月には町営風車で製造した水素を町内の「ななかまどの館」の風呂の燃料として利用する実証実験が始まり、技術の確立や事業化の検討に向け、エネルギーの効率的な利用の実現を目指す。

 水素は使用時に二酸化炭素を排出せず、電気や熱など多様な利用が可能なため将来の2次エネルギーとして期待されており、風力発電などの再生可能エネルギーを利用した製造では二酸化炭素も発生しない。再生可能エネルギーは気象条件によって発電量が大きく左右され、風力発電も風の状況によって発電量が大きく変動し、予想以上の発電量が送電網に送られると送電網に負担がかかるため、安定供給できる量を送電し、出力の不安定な部分を切り離して活用することが考えられている。

 「北海道に於ける再生可能エネルギー由来不安定電力の水素変換等による安定化・貯蔵・利用技術の研究開発」として平成27年2月から始まったプロジェクトは、安定送電可能な電力を予測して電力系統の安定化を図るとともに、不安定な部分を活用して水素に変換・貯蔵し、効率よく利用することが目的。事業費は11億7千万円で、豊田通商株式会社(本社・名古屋市、東京都港区)など5社と室蘭工業大学が連携しながら取り組んできた。

 風来望には、水を電気分解して水素を作る水電解装置、輸送しやすくするために水素とトルエンを反応させて液化する水素添加装置、ななかまどの館には液化した水素をトルエンと分離し気体に戻すための脱水素装置、水素と液化石油ガス(LPG)の混合ガスを作る予混合装置、混合ガスを燃焼させる混焼ボイラーなどを設置。それぞれの技術試験を経て、11月下旬には全体をフル稼働させた実証事業に着手し、技術や設備の性能、事業性を検証。新たなエネルギーシステムの実現とビジネスモデルの構築を目指す。

 実証事業開始に先立って行われた式典には、関係者や町議会議員ら53人が参加。留萌振興局の松浦豊局長、森利男町長、留萌開発建設部の山崎真一部長、NEDOの大平英二主任研究員、北海道大学の近久武美教授、豊田通商の綿貫辰哉執行役員がテープカットした。

 大平主任研究員が「プロジェクトは、将来の新しいエネルギーシステムを実現するための第一歩。水素を大きく生かした社会を実現するための取り組みを今後も積極的に推進したい」、綿貫執行役員が「実証運転を控え、実証メンバー一同ますます気を引き締めて安全対策に取り組んでいく」とあいさつ。森町長も「地球温暖化や大気汚染問題などを解決する鍵は風であり、水素と確信している。充実した設備により十分満足できる試験を行い、高い成果を出し、新たな飛躍を遂げてほしい」と語り、実証事業の成果を期待した。
[日刊留萌新聞]-最近の話題
移動スーパー「とくし丸」が運行開始 さっそく主婦ら利用【留萌(2017/10/03)
「増毛線」を散策 港や果樹園の風景楽しむ(2017/10/02)
留萌市船場公園の愛称 るしんふれ愛パークに(2017/09/29)
増毛の果樹園でリンゴの収穫始まる(2017/09/23)
第41回小平町産業まつりに5千人 和牛バーベキュー堪能(2017/08/28)
第2回オロロンサマーフェスタ 雨の中での花火に感動(2017/08/12)
たこリレーに沸く 初山別で岬まつり(2017/08/07)
小平町で初の外国人対象のモニターツアー(2017/08/03)
☆ロマン街道しょさんべつ【初山別】(2009/09/08)
おびら鰊番屋【小平】(2009/09/08)
2年制となった新たな出発を記念して開かれたシンポジウム
↑最近の写真
特集・道の駅
「カムイノミ」で安全祈願/阿寒湖温泉【釧路】

伊達高生が関内小児童の声援受け強歩に挑む【伊達】

宿泊客を守れ、温泉街のホテル火災想定し放水訓練【登別】

JCHO登別病院が20年4月の開院めざす【登別】

人材育成に決意新た、高等技専で2年制開校記念シンポ【室蘭】

空手修武會の樋口が全道優勝、世界大会出場へ【室蘭】

シニア60が全道サッカーV、シニア50と来年全国へ【室蘭】

生涯学習センターの愛称に応募の高本君に感謝状【室蘭】

真実見抜く難しさ実感、3RCが窃盗事件の模擬裁判【室蘭】

白鳥台北公園のクリとドングリの木が根元密着し共に成長【室蘭】

市民文化祭の特別支援学級作品展で工夫の150点【登別】

室蘭民報社とモルエ中島共催の新聞コンクール始まる【室蘭】

迫力サウンド聴きに来て、大谷高吹奏楽部が15日に定演【室蘭】

14日に朗読会と夢輝のあさんの特別ライブ開催【室蘭】

室蘭地方新聞コンクールがモルエ中島で17日から展示【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

十勝からの情報(10月8日ごろ)

釧路、根室の情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(124)

室蘭民報(930)

名寄新聞(73)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(183)

苫小牧民報(123)

釧路新聞(88)

十勝毎日新聞(303)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)