北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  調教師の角居勝彦さん…
調教師の角居勝彦さん セミナーとひだか馬キッズ探検隊
日高報知新聞 - 2017/09/14 17:11
調教師の視点から講演する角居調教師
 馬力本願プロジェクト推進会議主催の「第3回ひとづくりまちづくりセミナー」が8日夜、新ひだか町公民館で開かれた。約200人が参加し、日本中央競馬会(JRA)調教師の角居勝彦さんから日本の競馬の状況や課題、引退した競走馬のキャリア支援などについて話を聞いた。

 同推進会議は、町内の産業や観光、教育など約30団体の代表で構成。馬産地ならではの魅力を発信し、交流人口の増加を図るために活動している。

 角居さんは新ひだか町内産馬でGⅠ5勝をあげたウオッカをはじめ、ヴィクトワールピサやカネヒキリ、サンビスタなどの名馬を手掛け、最多勝利調教師賞を3回、最多賞金獲得調教師賞を5回受賞しているJRAを代表する調教師の一人。

 また、平成24年に浦河町でも開かれた馬に感謝するイベント「サンクスホースデイズ」の発起人になるなど、競走馬として活躍できなかった馬の乗馬クラブへの引き渡し、障がい者や高齢者の乗馬療育にも積極的に取り組んでいる。

 講演では調教師の視点から日本の競馬界の状況を説明。今後の課題として①世界で通用する馬を作りきれるか(日本の血統は飽和状態にあり、次の新たな血統の種牡馬を探している最中)②競馬サークルの人材不足(特に生産・育成部門の人材確保は至難)―と指摘した。

 続いて、サンクスホースデイズをはじめとした自身が関わっているホースコミュニティ活動について説明。「馬は人を乗せることができ、人間の思い感情をも知ることができる動物」とし、「500万人いると言われる競馬ファンを巻き込み、乗馬はもちろん教育・医療・介護・福祉分野においても馬が新しい雇用を生み出すことができるのでは」と話した。

 さらに、新ひだか町で実践してほしいこととして、廃校舎を活用した高齢者介護と馬による乗馬療養を組み合わせた施設を提案し、「日高地区が全国で一番早く取り入れることができることだと思う」と話した。

  ◇  ◇  ◇

 軽種馬について子どもたちが学ぶ「ひだか馬キッズ探検隊」の第6回目のプログラムが9日、新ひだか町のピュアプラザで開かれ、子ども9人が参加して角居勝彦さんから調教師の仕事について学んだ。

 5月から来年1月までの計9回の通年プログラムで、馬産地ならではの魅力を発信して交流人口増などを図る「馬力本願プロジェクト」の一環。

 これまでに町内の乗馬施設・MKランチ、日高町の生産育成牧場ダーレー・ジャパンや門別競馬場を見学し、サラブレッドが競走馬になるまでの一連の流れなどを学んできた。

 今回は角居さんを講師に迎え、ピュアプラザの町民ギャラリー「うま倶楽部」で角居さんから馬の歴史などを学んだり、ウオッカなど角居さんが手掛けた名馬のポスターを見て回った。

 質疑応答では、子どもたちは競走馬のトレーニング方法や好きな馬のタイプ、調教師になるために勉強したことなどについて質問。

 角居さんは一つずつ分かりやすく答え、馬のトレーニング方法については「人間のスポーツ選手のトレーニングでこれは良いと思ったら、競走馬の世界にもどんどん取り入れているのが主流。今は高地トレーニングや低酸素ルームの中でトレーニングをしようとするところまで進化している」と話していた。

 吉田蒼空君(山手小4年)は「調教師のテストや仕事について聞けたので良かった」と話していた。
角居調教師(右)を囲んで質問する子どもたち
[日高報知新聞]-最近の話題
日高線復旧へ フォーラム開催(2017/11/22)
町政懇談会がスタート(2017/11/22)
プロ、アマの演奏など(2017/11/21)
インドの防災関係者(2017/11/21)
「オクラホマ」の河野さん(2017/11/20)
技能者表彰と記念講話(2017/11/20)
小中学校に新米寄贈 びらとり農協が230㌔を(2017/11/18)
様似山道と猿留山道 史跡指定を文科大臣に答申(2017/11/18)
柳谷集落再生の特別講演(2017/11/17)
身長75㌢のニジマス(2017/11/17)
コレクションに加わった「オートマタ」と坂本館長。世界最古のマジックと言われる「カップ&ボール」を披露する
↑最近の写真
特集・道の駅
にっぽん恐竜協議会設立へ むかわ町、丹波市、篠山市、御船町

金色に輝くツリー点灯 新千歳空港、クリスマスムード高まる

新作「砂上」執筆秘話語る 桜木紫乃さんがトークライブ

赤飯無料配布にぎわう・11月23日「お赤飯の日」【名寄】

飼育放棄の惨状を写真で、ネコ愛護団体が活動展【室蘭】

冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】

米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】

マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】

一足早くXマス、三星がケーキ試食価格販売会【苫小牧】

ふぉれすと鉱山フォーラムで環境保全を考える【登別】

迫力バチさばき、26日に太鼓演奏会「龍響祭」【伊達】

110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】

40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】

静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】

21日から日本製鋼所室蘭製作所所蔵作品展【室蘭】

苫小牧西港、夕方からチカ狙い時

十勝からの情報(11月19日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(43)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(181)

苫小牧民報(141)

釧路新聞(80)

十勝毎日新聞(301)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)