北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  サケ負けるな とと・…
サケ負けるな とと・ろーどで遡上ピーク【幕別】
十勝毎日新聞 - 2017/09/14 13:56
滝のような形状の水路を力強く上るサケ
 千代田新水路の魚道観察室「とと・ろーど」でサケの遡上(そじょう)がピークを迎えている。産卵期を迎えたサケが、上流を目指し急流を上る様子が見られる。

 同施設は十勝川河口から約43キロ上流に位置し、海と川を行き来する魚類を中心に観察できる。昨年は台風の影響で8月中旬に施設を閉鎖し、本格的な遡上が見られるのは2年ぶり。

 今シーズンの初遡上は7月末に確認し、現在は1日500匹ほどが遡上している。階段状になった水路を勢いよく上る姿や、流れに負けて流されるサケも来館者の目を引いている。

 川に遡上するサケは婚姻色と呼ばれる赤や緑色に変化した魚体が特徴。管理人の岩堀嘉典さんは「雄は赤色が強く、雌は黒っぽい。遡上時期によっても色が変わっていく」と解説する。家族7人で訪れた男子児童は「こんなにたくさんのサケを見たのは初めて。泳いでいる姿が力強い」と驚いていた。

 サケの遡上のピークは10月までだが、11月30日の閉館日ごろまでは観察できる。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】(2017/11/24)
米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】(2017/11/24)
マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】(2017/11/24)
病院外がんサロン設立へ 管内初、来年2月予定【帯広】(2017/11/23)
つるつる 危ない! 未明の雨で路面凍結【十勝】(2017/11/23)
道の駅で「利きソフト」 高校生が企画販売【士幌】(2017/11/23)
十勝からの情報(11月19日ごろ)(2017/11/23)
道東イワシ、ブランド化 広尾に工場新設【東京・広尾】(2017/11/22)
洋菓子コン 全国4位 初出場で山崎さん【帯広】(2017/11/22)
寒さ本物 きょう「小雪」【十勝】(2017/11/22)
試食会ケーキを買い求める女性客=苫小牧市糸井の三星本店
↑最近の写真
特集・道の駅
にっぽん恐竜協議会設立へ むかわ町、丹波市、篠山市、御船町

金色に輝くツリー点灯 新千歳空港、クリスマスムード高まる

新作「砂上」執筆秘話語る 桜木紫乃さんがトークライブ

赤飯無料配布にぎわう・11月23日「お赤飯の日」【名寄】

飼育放棄の惨状を写真で、ネコ愛護団体が活動展【室蘭】

冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】

米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】

マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】

一足早くXマス、三星がケーキ試食価格販売会【苫小牧】

ふぉれすと鉱山フォーラムで環境保全を考える【登別】

迫力バチさばき、26日に太鼓演奏会「龍響祭」【伊達】

110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】

40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】

静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】

21日から日本製鋼所室蘭製作所所蔵作品展【室蘭】

苫小牧西港、夕方からチカ狙い時

十勝からの情報(11月19日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(43)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(181)

苫小牧民報(141)

釧路新聞(80)

十勝毎日新聞(301)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)