北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  のぼりべつクマ牧場に…
のぼりべつクマ牧場に生活を伝えるチセ新しく【登別】
室蘭民報 - 2017/09/14 11:19
のぼりべつクマ牧場にあるアイヌ生活資料館・チセの改築作業が終了した
 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町、原真支配人)が進めていたアイヌ生活資料館のチセ(アイヌ民族の伝統的家屋)の改築作業が終了した。13日に現地で改築祝いの儀式チセノミが行われ、関係者が工事の無事終了に感謝の祈りをささげ、アイヌ文化の一層の普及を誓っていた。
チセノミで祈りをささげる参加者
◆――アイヌ文化の普及に期待

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町、原真支配人)が進めていたアイヌ生活資料館のチセ(アイヌ民族の伝統的家屋)の全面改築が終わり、13日には祝う儀式(チセノミ)が厳かに執り行われた。今月中には内部の展示準備も終える予定。2020年には白老町に民族共生象徴空間が開設され、アイヌ文化への理解促進が期待される中、生活用具を展示する同資料館のチセに一層関心が高まりそうだ。

 チセのあるユーカラの里(アイヌコタン)は、明治初期の生活様式を忠実に再現している。今回改修したチセは1966年(昭和41年)、故萱野茂・二風谷アイヌ資料館前館長らによって建設された。アイヌ民族の生活用具約300点が展示される貴重な伝承ツールとなっている。内部は展示スペースの基礎工事が始まっていて、一部展示品は既に飾っている。

 チセノミの儀式はユーカラの里の村長を務める貝澤貢男さん(78)が進行。いろりの前で火、水の神に祈りをささげ、屋根に向かってヨモギの矢を打つ「チセチョッチャ」が行われた。貝澤さんは「チセを建てられる機会は多くない。若い人への技術伝承の意味でもチセノミができてよかった」と語る。チセは断熱性に優れ、一度建てると数十年は保たれるという。

 主催者、来賓あいさつで、民族共生象徴空間開設によりチセへの見学者増加に期待する声が相次いだ。貝澤さんは「アイヌ民族にとって、ヨモギは地球が誕生して一番最初にできたものといわれている。自然を大事にするというアイヌ文化を学び、訪れてほしい」と話した。

 監修を務めた二風谷アイヌ資料館の萱野志朗館長(59)は次男・公裕さん(29)らと作業に臨み、父・茂氏を含め3代にわたり携わった。「観光施設の中で伝統的なアイヌ文化の普及、啓発ができるのはいいこと」と期待した。
[室蘭民報]-最近の話題
まちの不具合をレポート、新アプリで機能性確認【室蘭】(2017/11/20)
豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】(2017/11/20)
熊舞の伝統芸能バトンつなぐ、登別中で初の引き継ぎ式【登別】(2017/11/20)
常盤保育所内に“ほかほかルーム”開設【室蘭】(2017/11/20)
伊達高等養護学校で学校祭、即売会や体験が人気【伊達】(2017/11/20)
MTB専用コースのオープニングイベント【登別】(2017/11/20)
パナITS田辺氏が室蘭市長表敬「自動運転技術で支援」【室蘭】(2017/11/20)
市民オーケストラ演奏会…70人が迫力音色【室蘭】(2017/11/20)
室蘭聾学校・中学部が職場体験、保育士に希望の笑顔【室蘭】(2017/11/20)
小物づくり講座で心和むエッグアート【室蘭】(2017/11/20)
最長タイムで文部科学大臣賞を受賞した国友君(左)と、優勝した井上君
↑最近の写真
特集・道の駅
「オクラホマ」の河野さん

技能者表彰と記念講話

しばれ、一気に 芽室-15.7度【十勝】

国友君(豊成小2年)文科大臣賞 紙飛行機選手権【帯広】

千年の森に土木学会賞 デザイン賞最優秀【清水】

まちの不具合をレポート、新アプリで機能性確認【室蘭】

熊舞の伝統芸能バトンつなぐ、登別中で初の引き継ぎ式【登別】

常盤保育所内に“ほかほかルーム”開設【室蘭】

伊達高等養護学校で学校祭、即売会や体験が人気【伊達】

MTB専用コースのオープニングイベント【登別】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(113)

室蘭民報(970)

名寄新聞(47)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(82)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)