北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  のぼりべつクマ牧場に…
のぼりべつクマ牧場に生活を伝えるチセ新しく【登別】
室蘭民報 - 2017/09/14 11:19
のぼりべつクマ牧場にあるアイヌ生活資料館・チセの改築作業が終了した
 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町、原真支配人)が進めていたアイヌ生活資料館のチセ(アイヌ民族の伝統的家屋)の改築作業が終了した。13日に現地で改築祝いの儀式チセノミが行われ、関係者が工事の無事終了に感謝の祈りをささげ、アイヌ文化の一層の普及を誓っていた。
チセノミで祈りをささげる参加者
◆――アイヌ文化の普及に期待

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町、原真支配人)が進めていたアイヌ生活資料館のチセ(アイヌ民族の伝統的家屋)の全面改築が終わり、13日には祝う儀式(チセノミ)が厳かに執り行われた。今月中には内部の展示準備も終える予定。2020年には白老町に民族共生象徴空間が開設され、アイヌ文化への理解促進が期待される中、生活用具を展示する同資料館のチセに一層関心が高まりそうだ。

 チセのあるユーカラの里(アイヌコタン)は、明治初期の生活様式を忠実に再現している。今回改修したチセは1966年(昭和41年)、故萱野茂・二風谷アイヌ資料館前館長らによって建設された。アイヌ民族の生活用具約300点が展示される貴重な伝承ツールとなっている。内部は展示スペースの基礎工事が始まっていて、一部展示品は既に飾っている。

 チセノミの儀式はユーカラの里の村長を務める貝澤貢男さん(78)が進行。いろりの前で火、水の神に祈りをささげ、屋根に向かってヨモギの矢を打つ「チセチョッチャ」が行われた。貝澤さんは「チセを建てられる機会は多くない。若い人への技術伝承の意味でもチセノミができてよかった」と語る。チセは断熱性に優れ、一度建てると数十年は保たれるという。

 主催者、来賓あいさつで、民族共生象徴空間開設によりチセへの見学者増加に期待する声が相次いだ。貝澤さんは「アイヌ民族にとって、ヨモギは地球が誕生して一番最初にできたものといわれている。自然を大事にするというアイヌ文化を学び、訪れてほしい」と話した。

 監修を務めた二風谷アイヌ資料館の萱野志朗館長(59)は次男・公裕さん(29)らと作業に臨み、父・茂氏を含め3代にわたり携わった。「観光施設の中で伝統的なアイヌ文化の普及、啓発ができるのはいいこと」と期待した。
[室蘭民報]-最近の話題
道の駅・みたらで「撮りフェス」写真展、716点並ぶ【室蘭】(2017/09/22)
苫小牧に北極海航路の中国大手貨物船が国内初の寄港【苫小牧】(2017/09/22)
よみがえるD51…道内外の有志が修繕、あすお披露目【豊浦】(2017/09/22)
台風18号の胆振西部農業被害、1億8800万円に【西胆振】(2017/09/22)
JSS登別の4人が市長表敬、水泳全国大会で飛躍誓う【登別】(2017/09/22)
女声コーラスグループが35周年、来月コンサート【室蘭】(2017/09/22)
室蘭VOXが実験的公演へ、「鉄のまち」舞台化を【室蘭】(2017/09/22)
西胆振医療介護情報ネットワークが来年1月スタート【西胆振】(2017/09/22)
ツーリズムEXPOジャパン、「湯之国登別」をアピール【東京】(2017/09/22)
雅な音色届けます…来月1日に室蘭三曲協会が演奏会【室蘭】(2017/09/22)
標茶町内のトレッキングで紅葉の始まった木々の中を進む参加者たち
↑最近の写真
特集・道の駅
首都圏から乗馬体験ツアー、秋の道東巡り満喫【標茶】

黄色い海原一面に パレットの丘のヒマワリ見頃

29日からフードコート新装 千歳アウトレットモール・レラ

初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】

7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】

地域共通ICポイントカード 開始へ準備着々【根室】

増毛の果樹園でリンゴの収穫始まる

海で熟成、味に変化は? 奥尻ワイン海中保存実験開始【奥尻】

マグ女が観光庁長官表彰 交流人口増加への取り組み評価【函館】

メークインに列 JA大正まつり【帯広】

7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

マアナゴを夜の投げ釣りで

十勝からの情報(9月17日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

根室新聞(125)

室蘭民報(897)

名寄新聞(88)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(161)

函館新聞(185)

苫小牧民報(132)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(310)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)