北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  みなと小児童が宮古に…
みなと小児童が宮古に展示の壁画制作【室蘭】
室蘭民報 - 2017/09/14 11:18
青山学院女子短大の学生らとともにパネルに海の生き物を描くみなと小児童
 来年6月の宮蘭フェリー航路開設に向けて岩手県宮古市のフェリーターミナルビルに飾る壁画制作プロジェクトで、室蘭市みなと小(千葉保校長)の4年生80人が13日、海の生き物を元気いっぱいに描いた。

 同プロジェクトは、青山学院女子短大を中心に、災害ボランティアでつながりがある宮古市、熊本市に室蘭市も加わり実施。3市と東京の児童や学生が20センチ四方の木製ボードに描き、壁画を完成させる。

 みなと小にはプロジェクトを進める同短大の趙慶姫教授(環境アート)と学生5人が訪れ、作品制作をサポート。児童はパネルに指定された色のペンキでイルカやタツノオトシゴ、シャチ、チンアナゴなどをカラフルに描き笑顔に包まれた。

 高本春君はサメを描いた。「色も順調に塗ることができて良かった。壁画が飾られたら宮古に見に行きたい」と笑顔。伊藤柊雄君と小野春菜さんも出来栄えは「ばっちり」。フェリーに乗ってみたいと話した。作品は縦2.2メートル、幅4.4メートルの壁画になる。千葉校長も「児童の絵が加わりどんな壁画になるか、夢がある」と期待する。

 趙教授は「青山と宮古の交流から室蘭ともつながることができ、フェリーで北海道の物産が首都圏に来ることを青山の子どもたちにも伝えたい」と意欲的。子どもたちの作品は年内に完成し趙教授が作品一つ一つの色調を考え全体の並びを決め、来年4月にもターミナルに設置するという。
[室蘭民報]-最近の話題
ウロコの無料送迎バスが買い物支援【豊浦・洞爺湖】(2017/11/22)
市の景観・みどり遺産にキウシト湿原第1号指定へ【登別】(2017/11/22)
東室蘭駅東口駅前広場に色鮮やかな光の点滅【室蘭】(2017/11/22)
室蘭の商品や技術を活用推進するキャッチフレーズ募集【室蘭】(2017/11/22)
地域課題解決アプリコンで室蘭の坂を運動や観光に【室蘭】(2017/11/22)
110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】(2017/11/22)
40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】(2017/11/22)
真っ赤な鉧に熱視線、室工大生らがたたら製鉄を体験【室蘭】(2017/11/21)
伊達小3人がいじめ根絶・学び推進標語コンで入賞【伊達】(2017/11/21)
静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】(2017/11/21)
千歳町会館で開かれた新しい交通料金助成に関する説明会
↑最近の写真
特集・道の駅
ウロコの無料送迎バスが買い物支援【豊浦・洞爺湖】

市の景観・みどり遺産にキウシト湿原第1号指定へ【登別】

東室蘭駅東口駅前広場に色鮮やかな光の点滅【室蘭】

室蘭の商品や技術を活用推進するキャッチフレーズ募集【室蘭】

地域課題解決アプリコンで室蘭の坂を運動や観光に【室蘭】

函館夜景おいしく美しくシュウェットカカオ新作クッキー【函館】

高齢者向け交通料金助成ICカードに移行で新制度説明会【函館】

コンブ格付け3割減 全道はおよそ1割減【根室】

読書の友に“人形しおり” 図書館で先着100人に【根室】

プロ、アマの演奏など

110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】

40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】

静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】

21日から日本製鋼所室蘭製作所所蔵作品展【室蘭】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(117)

室蘭民報(974)

名寄新聞(46)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(81)

十勝毎日新聞(294)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)