北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  健さんと再会 「鉄道…
健さんと再会 「鉄道員」ロケ協力 幾寅婦人会の2人【帯広】
十勝毎日新聞 - 2017/09/13 13:46
高倉健展の特設コーナーで黄色い付箋にメッセージをつづり、掲示する(右から)佐藤さんと後藤さん
 道立帯広美術館で追悼特別展「高倉健」(11月12日まで)が開幕した12日、高倉さん主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」(1999年、東映)のロケにボランティアとして参加した上川管内南富良野町の「幾寅婦人会」の女性2人が展覧会場を訪れた。

 同婦人会元会長の佐藤圭子さん(78)と現会長の後藤治子さん(68)。佐藤さんはロケ以降、高倉さんとは亡くなる年まで手紙のやりとりがあったという。同町からは他に、後藤さんが会長を務める別の団体から16人が来場した。

 「鉄道員」は廃線を控えた北の小さな終着駅を舞台に、高倉さん演じる駅長のひたむきに生きる姿を描いた作品。

 ロケは99年1月16~31日の16日間、同町内の幾寅駅で行われ、当時、佐藤さんが会長だった同婦人会は他の団体と共に、高倉さんやスタッフにいも団子を作って差し入れた。

 ロケ中のある日、塩辛いいも団子を作った当時の失敗を振り返り、「高倉さんが自分たちの所まで来て、突然、顔をぐっと近づけ、『塩辛くて食べられないよ』と言ってきたのでびっくり」と佐藤さん。その後、高倉さんがテレビ局の取材に、いも団子を見せて「(団子から)気をもらっています」と話したのを見て感激したという。

 佐藤さんは以後、高倉さんが亡くなる2014年まで、新しい映画や本などの話があるたびに手紙をもらったという。「言葉でこれと言い表せぬ魅力や心遣いがある人。そんな大スターが同じ目線で話してくれたなんて、今でも信じられない」と話した。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
ビート続々 製糖開始 日甜【芽室】(2017/10/17)
ママさんもGB 少年団の保護者らチーム【芽室】(2017/10/17)
犬の絵入りやスヌーピーも 戌年年賀はがき到着【十勝】(2017/10/17)
台湾・香港へPR 旅行サイトで特集記事【幕別】(2017/10/16)
冬の使者 腹ごしらえ【浦幌】(2017/10/16)
いざ「救助」 ドローン発進 コンテスト【上士幌】(2017/10/16)
ダンプレ仲間 歓迎の演奏【帯広】(2017/10/15)
羊 毛刈りメェ~人集う 全国大会【池田】(2017/10/15)
砂金神社で例祭復活 住民団結 6年ぶり【大樹】(2017/10/15)
健やかに成長願う 七五三シーズン【帯広】(2017/10/14)
トンネルの奥で工事の様子を見学する室工大生
↑最近の写真
特集・道の駅
運動と食事は大切、母恋駅で認知症予防の教室【室蘭】

大谷室蘭高吹奏楽部定演の重厚な音色で931人が魅了【室蘭】

室蘭市民美術館の絵画特別展で石塚貴羊史氏の魅力解説【室蘭】

ねむろポイントカード 行政ポイント対象事業決まる【根室】

中学生が北方領土を学ぶ 後継者育成ステップアップ事業【根室】

金曜夜に青春フィーバー 苫小牧でディスコイベント【苫小牧】

大狩部トンネル見学

児童ら躍動のこつ学ぶ 道スポチャレ教室に小学生35人【恵庭】

「浦から行こう」ルートを 大学生が旅をプロデュース

ビート続々 製糖開始 日甜【芽室】

迫力サウンド聴きに来て、大谷高吹奏楽部が15日に定演【室蘭】

14日に朗読会と夢輝のあさんの特別ライブ開催【室蘭】

室蘭地方新聞コンクールがモルエ中島で17日から展示【室蘭】

室蘭商議所が22日に中学生対象の建設業PR事業実施

精巧なプラモ戦士、愛好会が50周年展【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

十勝からの情報(10月8日ごろ)

釧路、根室の情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(124)

室蘭民報(926)

名寄新聞(75)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(125)

釧路新聞(87)

十勝毎日新聞(306)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)